教員名: 柏 尚裕, Kashiwa Naohiro

1. 基本情報

学位博士(医学)
職名教授
学歴(最終学歴)
職歴(過去のポイントとなる職歴)
所属(学科名)健康科学科
生年(和歴、年)昭和28年
職歴(現職となった年月)
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成25年度機能的解剖学、スポーツ医学Ⅰ、スポーツ医学Ⅱ、スポーツ障害論、整形外科学、卒業研究、院)健康スポ-ツ医学の研究、健康スポ-ツ医学実験
平成26年度機能的解剖学、スポーツ医学Ⅰ、スポーツ医学Ⅱ、スポーツ障害論、整形外科学、卒業研究、院)健康スポ-ツ医学の研究、健康スポ-ツ医学実験
平成27年度機能的解剖学、スポーツ医学Ⅰ、スポーツ医学Ⅱ、スポーツ障害論、整形外科学、卒業研究、院)健康スポ-ツ医学の研究、健康スポ-ツ医学実験
平成28年度機能的解剖学、スポーツ医学Ⅰ、スポーツ医学Ⅱ、スポーツ障害論、整形外科学、卒業研究、院)健康スポ-ツ医学の研究、健康スポ-ツ医学実験
平成29年度機能的解剖学、スポーツ医学Ⅰ、スポーツ医学Ⅱ、スポーツ障害論、整形外科学、卒業研究、院)健康スポ-ツ医学の研究、健康スポ-ツ医学実験
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー木曜5限目、木曜昼休み
リメディアル教育
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)授業アンケートの結果を受け、分かり難い箇所の資料を増やし理解力向上に努めた。(平成21年度~平成29年度)
作成した教科書、教材、参考書特になし
教育方法・教育実践に関する発表、講演等特になし
その他教育活動上特記すべき事項

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野総合領域
分科健康・スポーツ科学
細目名応用健康科学
研究テーマ健康維持・増進に必要な運動量ーとくに週1~2回、1回30分程度のジョギングでフルマラソンを完走歩できるかの研究
キーワード健康、スポーツ医学、ジョギング、運動習慣
所属学会日本臨床スポーツ医学会、日本ゴルフ学会、日本形成外科学会、日本皮膚科学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
一般男性における肥満が好中球機能に与える影響 論文 共著 平成21年 体力・栄養・免疫学会雑誌.19巻 高橋一平,梅田孝,三宅良輔,大西基喜,工藤うみ,伊藤幸、赤池あらた,中路重之
週1~2回,1回30分程度のトレッドミルでのジョギングの継続でフルマラソンの走歩は可能なのか 論文 単著 平成22年 体力・栄養・免疫学会雑誌.20巻 P.77-P.80
Epidemiological Feature of Gastric Cancer in Japan. 論文 共著 平成23年 JPFNI,vol.21 Tadashi Shimoyama, Shigeyuki Nakaji, Takashi Umeda, Ryo Inoue,Kayoko Nishino, Tetsuya Tsubakihara, Ryoko Tanikawa, Eiki Tsushima, Noriyuki Okubo, Shizuka Kurauchi, Yoshiko Yoshioka. P.61-66
Effects of socio-environmental factors on depression in  workers from the Tohoku and Hokkaido areas 論文 共著 平成25年 JPFNI,vol.23 加計 次郎、高梁 三郎 P.7~P.18
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成24年 10月 13日 〜 平成24年 10月 13日 第10回日本運動処方学会 川崎医科大学 健康ジョギング学入門(特別講演) 学会
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
 
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加平成24-29年度倉敷芸術科学大学臨床検査研究所研究員
部活動顧問、教育GP支援活動平成21-29 軟式野球部顧問
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座
その他平成21-29津山・加茂郷フルマラソン等、健康スポ-ツ医学の体験を希望する学生と参加

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱平成21年度~現在 日本臨床スポーツ医学会評議員
平成21-25 日本医師スポーツ協会理事
地域貢献活動
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座
その他

6. 前回の自己改善目標を踏まえた今後の自己改善目標

積極的に健康スポ-ツ医学を啓蒙する。