教員名: 椎葉 大輔, Shiiba Daisuke

1. 基本情報

学位博士(健康科学)
職名講師
学歴(最終学歴)平成20年3月 川崎医療福祉大学大学院 医療技術学研究科健康科学専攻
職歴(過去のポイントとなる職歴)平成20年4月 早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構 生命医療工学研究所 研究助手
平成20年12月 倉敷芸術科学大学 生命科学部健康科学科 助教
平成23年4月 倉敷芸術科学大学 生命科学部健康科学科 講師
平成25年4月 倉敷芸術科学大学 生命科学部健康医療学科 講師
所属(学科名)健康科学科
生年(和歴、年)昭和54年
職歴(現職となった年月)平成26年4月 倉敷芸術科学大学 生命科学部健康科学科 講師
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成24年度スポーツトレーニング理論、ウエイトコントロール論、スポーツマネージメント、運動負荷試験(実習含む)、スポーツトレーニング実習、健康運動のプログラミング、生理学実習、スポーツ指導者基礎
平成25年度スポーツトレーニング理論、ウエイトコントロール論、スポーツマネージメント、運動負荷試験(実習含む)、スポーツトレーニング実習、健康運動のプログラミング、生理学実習、スポーツ指導者基礎、ウィンタースポーツ実習
平成26年度スポーツトレーニング理論、ウエイトコントロール論、スポーツマネージメント、運動負荷試験(実習含む)、スポーツトレーニング実習、健康運動のプログラミング、生理学実習、スポーツ指導者基礎、ウィンタースポーツ実習
平成27年度スポーツトレーニング理論、ウエイトコントロール論、スポーツマネージメント、運動負荷試験(実習含む)、スポーツトレーニング実習、健康運動のプログラミング、生理学実習、スポーツ指導者基礎、ウィンタースポーツ実習
平成28年度スポーツトレーニング理論、ウエイトコントロール論、スポーツマネージメント、運動負荷試験(実習含む)、スポーツトレーニング実習、健康運動のプログラミング、スポーツ指導者基礎、ウィンタースポーツ実習、スポーツ実習Ⅲ(球技)
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー月曜昼休み・3限目
リメディアル教育特記事項なし
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)受講者のプレゼンテーション機会を設定し実施
作成した教科書、教材、参考書授業資料を配布(授業終了後,希望者へ)
教育方法・教育実践に関する発表、講演等特記事項なし
その他教育活動上特記すべき事項特記事項なし

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野総合領域
分科健康・スポーツ科学
細目名応用健康科学
研究テーマ運動が免疫応答に及ぼす影響
キーワード運動、免疫、マクロファージ、炎症、貪食
所属学会日本体力医学会、日本運動免疫学研究会、国際運動免疫学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
Voluntary exercise increases theimmune responses of Kupffer cellsin rats 論文 共著 平成21年 Journal ofPreventiveMedicine Yano H,Shiva D, JuY, KitamuraH 4(1) : 17-24
Exhaustive exercise reducestumor necrosis factor –alphaproduction in response tolipopolysaccharide in mice 論文 共著 平成22年 Neuroimmunomodulation Tanaka Y,Kawanishi N,Shiva D,Tsutsumi N,Uchida M,KitamuraH,Kato Y,Yano H 17(4) :279-86
Alpha-Tocopheryl succinateinduces rapid and reversiblephosphatidylserineexternalization in histiocyticlymphoma through the caspase-independent pathway 論文 共著 平成22年 MolecularandCellularBiochemistry Fujita H,Shiva D,Utsumi T,Ogino T,Ogawa T,Abe K,Yasuda T,Utsumi K,Sasaki J 333(1-2): 137-49
Exhaustive exercise reducesTNF-α and IFN-α production inresponse to R-848 via toll-likereceptor 7 in mice 論文 共著 平成22年 EuropeanJournal ofAppliedPhysiology Yano H,Uchida M,Nakai R,Ishida K,Kato Y,Kawanishi N,Shiva D 110(4) :797-803
クルクミン投与がカルディオトキシン誘導性筋損傷における炎症反応、酸化ストレスおよひび炎症細胞浸潤に及ぼす影響 論文 共著 平成24年 スポーツ科学研究 加藤 孝基,川西 範明,高橋 将記,椎葉 大輔,大塚 喜彦,今泉 厚, 鈴木 克彦 9, 29-40
Curcumin attenuates oxidativestress following downhillrunning-induced muscledamage 論文 共著 平成25年 Biochemical andBiophysicalResearchCommunications Kawanishi K,Kato K,Takahashi M,Mizokami T,Otsuka Y,Imaizumi A,Shiva D,Yano H 441(3):573-8
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成22年 9月 16日 〜 平成22年 9月 18日 第65回日本体力医学会大会 和洋女子大学 損傷骨格筋におけるGas6 発現の検討 学会
平成23年 9月 16日 〜 平成23年 9月 18日 第66回日本体力医学会大会 海峡メッセ下関 Gas6前刺激がマウスマクロファージ表現型に及ぼす影響(ポスター発表) 学会
平成24年 9月 14日 〜 平成24年 9月 16日 第67回日本体力医学会大会 岐阜都ホテル C2C12細胞の分化過程におけるGas6認識について(ポスター発表) 学会
平成25年 9月 21日 〜 平成25年 9月 23日 第68回日本体力医学会大会 日本教育会館 運動・体力と衛生仮説(シンポジスト) 学会
平成26年 5月 27日 〜 平成26年 5月 30日 2014 American College ofSports Medicine, annualmeeting Orange CountyConvention Center,Florida, USA Expression Of Growth-ArrestSpecific Gene 6 In Injured-SkeletalMuscle In Mice 学会
平成26年 6月 22日 〜 平成26年 6月 22日 第46回中国・四国学校保健学会 川崎医療福祉大学 「食物依存性アナフィラキシーの理解 —運動誘発性も含めて—」(テーマセッション講演) 学会
平成26年 9月 19日 〜 平成26年 9月 21日 第69回日本体力医学会大会 長崎大学 高脂肪食摂取マウスにおけるGas6発現の検討 学会
平成27年 5月 26日 〜 平成27年 5月 30日 American College of Sports Medicine (ACSM) Annual Meeting 2015 San Diego Convention Center, San Diego, CA Expression Of Growth-arrest Specific Gene 6 In High-fat Diet-fed Mice 学会
平成27年 9月 18日 〜 平成27年 9月 20日 第70回日本体力医学会大会 和歌山県民文化会館,和歌山県 グルココルチコイドがマウスマクロファージにおけるTAM受容体発現に及ぼす影響 学会
平成28年 5月 31日 〜 平成28年 6月 4日 American College of Sports Medicine (ACSM) Annual Meeting 2016 Hynes Convention Center, Boston, MA TAM Receptors Expression Enhances By Glucocorticoid In Mouse Macrophages 学会
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
平成22年 4月 〜 平成23年 3月 β-グルカン摂取により免疫寛容は誘導できるか? 1,600,000 円 受託 (財)飯島記念食品科学振興財団 学術研究助成
平成22年 4月 〜 平成25年 3月 骨格筋由来のGas6は損傷筋におけるマクロファージのスイッチングを制御するか? 3,000,000 円 受託 科研費若手研究B
平成23年 6月 〜 平成24年 5月 損傷骨格筋の修復過程におけるGas6の役割〜Gas6阻害モデルを用いた検討〜 300,000 円 受託 財団法人ウエスコ学術振興財団、平成23年度学術研究費助成
平成24年 6月 〜 平成25年 9月 損傷骨格筋の修復過程におけるGas6の役割〜Gas6阻害モデルを用いた検討〜 250,000 円 受託 財団法人ウエスコ学術振興財団、平成24年度学術研究費助成
平成24年 10月 〜 平成25年 9月 「筋肉は自然に治る」の分子生物学的理解 〜サテライト細胞の生存調節に着目して〜 350,000 円 受託 公益財団法人 両備檉園記念財団
平成26年 6月 〜 平成27年 4月 高脂肪食摂取による肥満の形成はGas6阻害により抑制できるか? 300,000 円 受託 財団法人ウエスコ学術振興財団
平成27年 4月 〜 平成28年 3月 β- グルカンの継続的な経口摂取は炎症性腸疾患発症を予防できるか? 1,600,000 円 受託 (公財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団
平成27年 4月 〜 平成30年 3月 食物アレルギーを予防できる「ポジティブ・アクション」としての運動の可能性 2,400,000 円 受託 科学研究費補助金
平成27年 6月 〜 平成28年 4月 高脂肪食摂取による肥満の形成はGas6阻害により抑制できるか? 300,000 円 受託 財団法人ウエスコ学術振興財団
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加動物委員会,遺伝子組換え実験安全委員会
部活動顧問、教育GP支援活動硬式野球部
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座特記事項なし
その他特記事項なし

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱日本体力医学会 評議員、岡山体育学会 監査
地域貢献活動特記事項なし
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座特記事項なし
その他

6. 前回の自己改善目標を踏まえた今後の自己改善目標

受講者の発表・発言機会をさらに増加させ,知識の定着させるように努める