教員名: 箕口 けい子, Minoguchi Keiko

1. 基本情報

学位学士(産業科学技術)
職名講師
学歴(最終学歴)
職歴(過去のポイントとなる職歴)平成6年4月 須藤オルガン工房入社(平成11年5月退職)
平成17年4月 四国医療専門学校 入社(平成23年3月退職)
所属(学科名)健康科学科
生年(和歴、年)昭和47年
職歴(現職となった年月)平成23年4月 倉敷芸術科学大学講師(現在に至る)
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成24年度基礎はりきゅう理論、東洋医学総論Ⅰ、東洋医学総論Ⅱ、基礎きゅう実技、東洋医学各論Ⅰ、東洋医学各論Ⅱ、社会はりきゅう学、鍼灸臨床実習Ⅱ
平成25年度基礎はりきゅう理論、東洋医学総論Ⅰ、東洋医学総論Ⅱ、基礎きゅう実技、東洋医学各論Ⅰ、東洋医学各論Ⅱ、社会はりきゅう学、鍼灸臨床実習Ⅱ、鍼灸治療所実習Ⅰ、鍼灸治療所実習Ⅱ、学外関連施設見学実習
平成26年度基礎はりきゅう理論、東洋医学総論Ⅰ、東洋医学総論Ⅱ、基礎きゅう実技、東洋医学各論Ⅰ、東洋医学各論Ⅱ、社会はりきゅう学、鍼灸臨床実習Ⅱ、鍼灸治療所実習Ⅰ、鍼灸治療所実習Ⅱ
平成27年度基礎はりきゅう理論、東洋医学総論Ⅰ、東洋医学総論Ⅱ、基礎きゅう実技、東洋医学各論Ⅰ、東洋医学各論Ⅱ、社会はりきゅう学、鍼灸臨床実習Ⅱ、鍼灸治療所実習Ⅰ、鍼灸治療所実習Ⅱ、学外関連施設見学実習
平成28年度基礎はりきゅう理論、東洋医学総論Ⅰ、東洋医学総論Ⅱ、基礎きゅう実技、東洋医学各論Ⅰ、東洋医学各論Ⅱ、社会はりきゅう学、鍼灸臨床実習Ⅱ、鍼灸治療所実習Ⅰ、鍼灸治療所実習Ⅱ
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー木曜5限目
リメディアル教育国家試験へ向けて理解が足らない科目に対する個別指導
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)先ずは基本的な部分を記憶することで、応用分野がわかるようになると考え、東洋医学の分野では基本を何度も繰り返す小テストを実施した。
作成した教科書、教材、参考書
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
その他教育活動上特記すべき事項学生が興味を持って覚えることができるような勉強方法を調査研究中

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野医学薬学
分科境界医学
細目名医療社会学
研究テーマ地域・文化の違いによる主訴の変化、異文化圏の医療受療に関する研究、鍼灸ボランティアが人々にもたらす変化に関する研究
キーワード鍼灸、南インドと日本の比較
所属学会全日本鍼灸学会、岡山県鍼灸マッサージ師会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
インドでのはり・きゅうボランティア活動報告2011 論文 共著 平成24年 3月 倉敷芸術科学大学紀要第17号 足立賢二 他
反応点と経穴の対応関係~南インドでの鍼灸ボランティアにおける受診歴の検討から~ 論文 共著 平成25年 3月 倉敷芸術科学大学紀要第18号 足立賢二
海外での継続したはり・きゅうボランティア活動の現状と展望~南インドの事例を振り返って~ 論文 単著 平成26年 3月 倉敷芸術科学大学紀要第19号
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成27年 5月 22日 〜 平成27年 5月 24日 第64回 公益社団法人 全日本鍼灸学会 学術大会 ビッグパレットふくしま 倉敷芸術科学大学 経穴かるた大会に関する報告 経穴の苦手意識改善のための取り組み 学会
平成27年 11月 22日 〜 平成27年 11月 23日 第28回 (公社)全日本鍼灸学会中国四国支部学術集会(岡山大会) アークホテル岡山 日本人鍼灸師による海外でのはりきゅうボランティア活動の比較~最も遭遇しやすい疾患について~ 学会
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
 
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加
部活動顧問、教育GP支援活動
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座基礎きゅう実技
その他

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱倉敷大学連携福祉事業実行委員会
地域貢献活動
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座倉敷大学連携福祉事業にて「手のツボmapを作ろう」(H28.12.14)
その他

6. 前回の自己改善目標を踏まえた今後の自己改善目標

繰り返すことから得られる知識が、のちに活用できる知識に変わることが実感できるような課題と授業を行うよう心掛ける。わかるようになれば、勉強はおもしろくなるはずなので一つずつ丁寧に取り組む必要があると感じている。学生にも努力を求めるが、こちらもそれに見合うものが提供できるよう、様々な工夫を凝らして授業をすすめていきたい。