教員名: 藤本 一満, Fujimoto Kazumitsu

1. 基本情報

学位学士(保健衛生)
職名准教授
学歴(最終学歴)平成25年3月 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程 満期退学
職歴(過去のポイントとなる職歴)昭和56年4月 天理よろづ相談所病院 臨床病理部 就職
平成9年4月 天理よろづ相談所付設 天理医学技術学校 専任教員
平成19年6月 ファルコバイオシステムズ総合研究所 課長
所属(学科名)生命医科学科
生年(和歴、年)昭和34年
職歴(現職となった年月)平成27年9月 倉敷芸術科学大学准教授(現在に至る)
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成27年度試薬と機器、臨床病理学、臨床検査学特論
平成28年度生化学、臨床化学、試薬と機器、遺伝子検査学、検査管理総論、臨床病理学、臨床化学実習、臨床免疫学実習、臨床検査総論実習
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー火曜日の4時限目
リメディアル教育特になし
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)授業アンケートの結果を参考にして、座学においてもアクティブラーニング方式を採り入れるように努力した。
作成した教科書、教材、参考書特になし
教育方法・教育実践に関する発表、講演等授業公開を実施
その他教育活動上特記すべき事項オフィスアワーの時間以外でも学生からの質問は積極的に対応するように努めた。

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野医歯薬学
分科境界医学
細目名病態検査学
研究テーマ酵素法によるビタミンB1測定試薬の開発
キーワードビタミンB1、酵素法、測定試薬
所属学会日本臨床衛生検査技師会、日本臨床検査自動化学会、日本臨床化学会、岡山県臨床検査技師会、日本臨床検査同学院、京都府臨床検査技師会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
PCR法の応用(2)直接シークエンス法 著書 共著 平成5年 8月 ホルモンと臨床 著書 97-105
Three Novel Mutation ofThyroid Hormon Receptor βGene in Unrelated Patientswith Resistance to ThyroidHormone:Two Mutation of theSame Codon(H435L andH435Q)Produce SeparateSubtypes of Resistance 論文 共著 平成7年 8月 J ClinEndocrineMetab,199580(12) Hiroyasu T.,Yasunao Y.,Hitoshi I.,ToshikazuY.,TakaakiY.,ToshihiroY.,Junta T. 3613-3616
Lack of Mutation ofPreproparathyroid HormoneGene in Three kindreds withFamilial IsolatedHypoparathyroidism 論文 共著 平成9年 1月 EndocrineJournal,1997 44(1) ToshikazuY.,KyokoS.,MitsuhikoO.,TakayukiY.,HitoshiI.,ToshihiroY.,HiroyukiK.,ToshiakiO.,ToshikiyoK.,MegumiH.,HiroyukiK.,YasunaoY.,TakaakiY.,KazuwaN. 175-180
高脂血症・血清脂質濃度の異常増加 著書 単著 平成15年 11月 ナーシングガイド22改訂2版 臨床検査 154-158
よくわかる血液ガス 著書 単著 平成21年 1月 Eスクール臨床検査の見方・読み方・話し方
当社に届くPOCT対応機器データに関する問い合わせおよびPOCTを活用した上手な対応 論文 単著 平成23年 2月 医療と検査機器・試薬,34(2) 156-159
やりなおしの検査値・パニック値対応血液ガス分析、電解質、生化学検査、関節リウマチ、肝疾患、心筋梗塞、腎透析中の異常 著書 単著 平成23年 9月 SmartnurseBooks 06
血清情報統一の取り組み ~溶血度判定基準の確立~Approach of Serum IndexUnification:Establishment ofHemolysis Indexstandardization 論文 共著 平成24年 1月 日本臨床検査自動化学会会誌,37(1) 53-58
わかりやすい血液ガスデータの読み方3.わかりやすい血液ガスデータの読み方 論文 単著 平成24年 2月 医療と検査機器・試薬,35(1) 36-41
臨床化学検査学 著書 単著 平成24年 12月 Manavino第54~58回臨床検査技師国試対策問題集,デジタルコンテンツ(アプリ)
臨床化学実技研修:実技と問題形式で学ぶ京都臨床化学実技研修会(第4回みやこ研修会) 論文 単著 平成25年 6月 医療と検査機器・試薬,36(3) 329-340
検査センターで働く―地域に密着した検査体制で医療機関をサポート― 著書 単著 平成25年 8月 MEDICALTECHNOLOGY,41(8) 910-912
酵素法を原理とする「メタボリード HbA1c」の性能評価 論文 共著 平成25年 8月 医療と検査機器・試薬,36(4) 525-532
検査相談のできる臨床検査技師を目指して検査相談のできる臨床検査技師を目指して 論文 単著 平成26年 4月 医療と検査機器・試薬,37(2) 207-211
よくわかる脂質代謝と脂質異常症9.よくわかる脂質代謝と脂質異常症 論文 単著 平成27年 4月 医療と検査機器・試薬,38(2) 146-152
医師からの問合わせ対応事例(検査センター編) 著書 単著 平成27年 5月 JAMT技術教本シリーズ、臨床検査技師のためのチーム医療教本 124-129
ISO15189を取得して9年、効果があったのか~アンケート結果を中心に~ 論文 共著 平成27年 11月 臨床病理,第63巻 第11号 浅井典昭、中島吉良、井上薫 1279-1284
分析組立力にて難題を紐解く(初級~上級編) 論文 単著 平成28年 4月 医療と検査機器・試薬,39(2) 116-121
高齢者の臨床検査値の見方・考え方 著書 共著 平成28年 10月 臨床病理刊行会 佐守友博、高橋浩、ラボ検査研究会 30-33、42-45
BM装置のサブ条件を用いた異常反応検出 論文 単著 平成28年 12月 医療と検査機器・試薬,39(6) 589-593
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成19年 7月 〜 平成19年 7月 AACC(アメリカ臨床化学会) サンディエゴ国際会議場 Practical Evaluation of Hitachi Clinical Analyzer S40 by Unskilled Medical Staffs 学会
平成20年 10月 〜 平成20年 10月 日本臨床検査自動化学会第40回大会 パシフィコ横浜 Nitro-PAPSキレート剤を用いた亜鉛測定試薬の基礎的検討 学会
平成21年 6月 〜 平成21年 6月 第58回日本医学検査学会 パシフィコ横浜 当社イントラネットを利用した生化学通信講座の効果と今後の取り組み 学会
平成22年 5月 〜 昭和22年 5月 第59回日本医学検査学会 神戸国際会議場 中性脂肪と血清情報混濁度から求めたVLDL/CMリポ蛋白比推算式 学会
平成23年 6月 〜 平成23年 6月 第60回日本医学検査学会 東京国際フォーラム 尿中クレアチニンおよび尿素窒素の低下原因となる細菌発現酵素の同定 学会
平成23年 10月 〜 平成23年 10月 第43回日本臨床検査自動化学会 パシフィコ横浜 血清情報統一の取り組み -混濁度判定基準の設定- 学会
平成23年 11月 〜 平成23年 11月 第51回近畿医学検査学会 ピアザ淡海(滋賀県) シンポジウムⅦ(臨床化学) わかりやすい精度管理 ~内部精度管理から外部精度管理へ~ 演題:内部精度管理の注意点 学会
平成24年 6月 〜 昭和24年 6月 第61回日本医学検査学会 三重県総合文化センター 汎用生化学自動分析装置用に開発された血中リチウム測定試薬エスパ・Liの性能評価 学会
平成24年 9月 〜 平成24年 9月 平成24年度日臨技関西支部医学検査学会(第52回) 南紀白浜コガノイベイホテル 日臨技データ標準化 精度保証セミナー  ~ISO15189、CAP認定と精度保証施設認証を比較して~ 学会
平成24年 10月 〜 平成24年 10月 第44回日本臨床検査自動化学会 パシフィコ横浜 ランチョンセミナー30 HbA1c国際標準化と酵素法メタボリードHbA1cの紹介 学会
平成25年 2月 〜 平成25年 2月 平成24年度日臨技関西支部臨床化学研修会 和歌山県立医科大学生涯教育センター 相談のできる検査技師を目指して 学会
平成25年 5月 〜 平成25年 5月 第62回日本医学検査学会 サンポートホール高松 高TGの影響を軽減したメタボリードLDL-C の性能確認 学会
平成25年 8月 〜 平成25年 8月 第62回日本医学検査学会 京都大学医学部人間健康科学科 第9講義室 検査相談のできる臨床検査技師を目指して
学会
平成25年 10月 〜 平成25年 10月 第45回日本臨床検査自動化学会 パシフィコ横浜 二酸化炭素吸収剤を用いた高pH試薬安定性向上のための工夫 学会
平成25年 10月 〜 平成25年 10月 平成25年度日臨技近畿支部医学検査学会(第53回) 福井フェニックスプラザ シンポジウム3(S3)-臨床化学-テーマ:検査相談 ~検査説明・結果説明~の取り組み 演題:検査センターにおける検査相談 学会
平成26年 3月 2日 〜 平成26年 3月 2日 第44回岡山県医学検査学会講演会 川崎医療短期大学 検査相談のできる検査技師を目指して 学会
平成26年 5月 17日 〜 平成26年 5月 18日 第63回日本医学検査学会 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター インターフェロン-γ遊離試験「QFT-3G」・「T-スポット.TB」の結果分布 学会
平成26年 9月 20日 〜 平成26年 9月 21日 平成26年度 日臨技近畿支部医学検査学会(第54回) 神戸国際会議場 SOP(Standard Operating Procedure:標準作業手順書)作成方法 ~まずは作ってみましょう~ 学会
平成26年 9月 20日 〜 平成26年 9月 21日 平成26年度 日臨技近畿支部医学検査学会(第54回) 神戸国際会議場 結核感染診断検査T-スポット.TBについて ~特徴、測定方法、結果判読~ 学会
平成26年 10月 9日 〜 平成26年 10月 11日 第46回日本臨床検査自動化学会 神戸国際会議場 各種AST試薬による血清情報(混濁度、溶血度、黄色度)の一致度 学会
平成27年 5月 15日 〜 平成27年 5月 17日 第64回日本医学検査学会 福岡国際会議場 分析の組立てを知る 学会
平成27年 5月 23日 〜 平成27年 5月 23日 日本臨床検査医学会 第60回近畿支部例会 関西医科大学 加多乃講堂 第一講義室 ISO15189を取得して9年、効果はあったのか ~アンケート結果を中心に~ 学会
平成27年 10月 8日 〜 平成27年 10月 10日 第47回日本臨床検査自動化学会 パシフィコ横浜 酵素法による尿中馬尿酸測定試薬の考案 学会
平成27年 10月 17日 〜 平成27年 10月 18日 平成27年度(第55回)日臨技近畿支部医学検査学会 大阪交流センター RCPC:類天疱瘡のため入院した74 歳男性 学会
平成27年 10月 30日 〜 平成27年 11月 1日 第55回日本臨床化学会年次学術集会 大阪大学コンベンションセンター 酵素法による尿中馬尿酸試薬の実用化検討 学会
平成28年 5月 14日 〜 平成28年 5月 15日 平成28年度(第56回)日臨技近畿支部医学検査学会 和歌山県JAビル・新橘ビル シンポジウム:検査結果説明を行うにあたり今一度検査室がすべきこと
ー検査説明するテクニックー
学会
平成28年 9月 3日 〜 平成28年 9月 4日 第65回医学検査学会 神戸国際会議場 シンポジウム:臨床化学検査技師に必要な教育と活躍の場~臨床化学検査担当技師に要求される力に迫る!~
ー学校教育についてー
学会
平成28年 9月 22日 〜 平成28年 9月 24日 日本臨床検査自動化学会第48回大会 パシフィコ横浜・会議センター 臨床化学若手育成プログラム「TERAKOYA」の立上げ 学会
平成28年 9月 22日 〜 平成28年 9月 24日 日本臨床検査自動化学会第48回大会 パシフィコ横浜・会議センター 第17回科学技術委員会技術セミナー
ー汎用型自動分析装置の各機構の原理と特徴ー
学会
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
 
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加広報委員
部活動顧問、教育GP支援活動特になし
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座特になし
その他倉大親和会入会

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱日本臨床検査同学院 2級試験委員、日本臨床検査自動化学会 評議員・POC技術委員会委員・科学技術委員会委員、医学雑誌「医療と検査機器・試薬」編集委員、臨床化学若手育成プログラム「TERAKOYA」世話人、日本臨床衛生検査技師会会誌「医学検査」査読委員
地域貢献活動
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座第8回京都臨床化学サマー研修会、第2期TERAKOYA(第1回~第5回)、平成28年度日臨技近畿支部臨床化学研修会兼京都臨床化学実技研修会(第8回みやこ研修会)、京都北部学術研究班・生化学検査研修会、広島県臨床検査技師会・臨床化学スキルアップ講座、岡山県臨床検査技師会生物化学分析部門講演会11月・2月
その他岡山県臨床検査技師会理事

6. 前回の自己改善目標を踏まえた今後の自己改善目標

学生は本校にて始めて臨床検査という医療において大変重要な学問に触れ、4年間で検査基礎力~即戦力を習得することになる。そのため、講義、実習においては「わかりやすく」、且つ現代の臨床検査に役立つ内容とすることに心がける。私の28年間の医療現場および8年半の技師教員経験を活かして、検査の将来を見込んだ技師教育を行っていくつもりである。過去の経験から技師教育において実習が非常に重要であるため、特にに実習では内容、量を十分に検討して組み立てていく予定です。また、学生が検査や検査技師、就職あるいは卒後の学術活動について、いつでも相談できる環境を今以上に構築していく。