教員名: 山野 ひとみ, Yamano Hitomi

1. 基本情報

学位農学博士
職名准教授
学歴(最終学歴)平成23年 3月 近畿大学大学院農学研究科環境管理学専攻 単位取得満期退学
職歴(過去のポイントとなる職歴)平成24年 4月 オリックス水族館株式会社 京都水族館 展示飼育チーム
平成29年 4月 倉敷芸術科学大学 生命科学部 生命科学科 講師
所属(学科名)生命科学科
生年(和歴、年)昭和57年
職歴(現職となった年月)平成31年 4月 倉敷芸術科学大学 生命科学部 生命科学科 准教授
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成29年度水生動物学/魚類学、水族飼育技術論/水族栄養学、特別演習Ⅳ、生命科学実験、卒業研究
平成30年度水生動物学、水族飼育技術論、基礎演習Ⅰ、基礎演習Ⅱ、特別演習Ⅰ、特別演習Ⅱ、特別演習Ⅲ、特別演習Ⅳ、生命科学ゼミナールⅣ、生命科学実験、卒業研究
令和元年度水生動物学、水族飼育技術論、基礎演習Ⅰ、基礎演習Ⅱ、特別演習Ⅰ、特別演習Ⅱ、特別演習Ⅲ、特別演習Ⅳ、生命科学ゼミナールⅢ、生命科学ゼミナールⅣ、生命科学基礎実験、生命科学実験、減災・備災の進め、卒業研究、院)特別講義Ⅲ、院)機能物質化学ゼミナール
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー水曜日 10:50〜12:20(前期・後期)
リメディアル教育
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)講義では教科書的な内容を紹介するだけでなく、自身が行ってきた調査・研究における体験談を紹介するなど、学生の関心を高める工夫を行っている。
スライドを使用する講義では、見えづらい箇所を印刷して配布している。
作成した教科書、教材、参考書
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
その他教育活動上特記すべき事項

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野生物学
分科基礎生物学
細目名生物多様性・分類
研究テーマ
キーワード魚類学
所属学会日本魚類学会、日本生態学会、応用生態工学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
A new host record of Ichthyoxenus amurensis (Crustacea: Isopoda: Cymothoidae) from the Amur bitterling Rhodeus sericeus (Cypriniformes: Cyprinidae) 論文 共著 平成23年 11月 Limnology 12 Yamano, H.,T. Yamauchi and K. Hosoya 103-106.
Inter- and intra-specific variation of intestinal morphology in the oily bitterling, Tanakia limbata (Cyprinidae: Acheilognathinae) and related taxa 論文 共著 平成25年 1月 Ichthyological Research 60 Yamano, H., C. H. Kim, H. Takeuchi and K. Hosoya 80-84.
福井県中池見湿地に生息する淡水魚類 論文 共著 平成25年 6月 地域自然史と保全 35 山野ひとみ・増田 茂・北川哲郎・武内啓明・川瀬成吾・野口亮太・小西雅樹・田中大喜・森下 匠・池田昌史・井藤大樹・乾 偉大・小田優花・細谷和海 53-60.
The current status of freshwater fishes in the Naka-ikemi Wetland, Fukui Prefesture, Japan 論文 共著 平成26年 9月 Biogeography Kitagawa, T., S. Masuda, A. Nakamura, H. Yamano, Y. Oda, T. Morishita and K. Hosoya 71-78.
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成30年 10月 5日 〜 平成30年 10月 8日 日本魚類学会年会 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京) 倉敷市立自然史博物館で所蔵されている淡水魚類標本 学会
平成31年 3月 9日 〜 平成31年 3月 10日 魚類自然史研究会 手柄山交流ステーション、姫路市立水族館(姫路) 岡山県高梁川河口域に出現するハゼ類 その他
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
 
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加広報委員会
エックス線安全委員会
教職・学芸員課程運営委員会
生命動物教育センター運営委員会
部活動顧問、教育GP支援活動
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座
その他

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱日本魚類学会会計幹事
芦田川水系スイゲンゼニタナゴ保全地域協議会会員
地域貢献活動倉敷市立自然史博物館ミニ水族館コーナーの水槽メンテナンス
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座自然観察会「倉敷美観地区で淡水魚を観察しようー初夏編ー」(2019.5.18)
その他

6. 今後の自己改善目標

 教育においては、学生に質問を投げかけたり、グループで話し合ったりする機会を設け、学生が自ら考えて積極的に学習に取り組むよう工夫する。また、座学だけでなく、野外調査などの課外学習を実施することで、学生に幅広い分野に挑戦してもらいたい。