教員名: 遠藤 宏, Endo Hiroshi

1. 基本情報

学位博士(医学)、学士(教育学)
職名教授
学歴(最終学歴)平成12年3月 明星大学 人文学部 心理・教育学科<心理学専修>
職歴(過去のポイントとなる職歴)平成6年4月 大阪医科大学 麻酔科 技術職員
平成9年4月 関西鍼灸短期大学 講師
平成16年4月 関西鍼灸大学 講師
平成19年4月 関西医療大学 保健医療学部 講師
平成25年4月 関西医療大学大学院 講師(兼任)
所属(学科名)健康科学科
生年(和歴、年)昭和31年
職歴(現職となった年月)平成29年4月 倉敷芸術科学大学 生命科学部 教授
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成29年度基礎はり実技、鍼灸臨床実習Ⅰ、鍼灸治療所実習Ⅰ・Ⅱ、鍼灸診察法Ⅱ、東洋医学各論Ⅲ、臨床医学Ⅰ、学外関連施設見学実習、基礎演習、応用演習、ゼミナール、卒業研究
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー水曜:9:10~10:40
リメディアル教育
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)教科書をベースに,事例を用いてわかりやすく講義し,その内容に合わせて小テストを実施し、理解を深めていく。
作成した教科書、教材、参考書
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
その他教育活動上特記すべき事項

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野医歯薬学
分科内科系臨床医学
細目名内科学一般(含心身医学)
研究テーマ鍼灸、電気針、良導絡、自律神経、疼痛閾値
キーワード心療内科学、ストレス科学、東洋医学、代替医療、緩和医療
所属学会日本東洋医学会、International Association of Ryodoraku Medical Science :IARMS(国際良導絡医学会)、International Society of Life Information Science:ISLIS(国際生命情報科学会)、日本良導絡自律神経学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
陰陽両系に共通する九道脈の文献的検討 論文 共著 平成20年 5月 関西医療大学紀要 王 財源,遠藤 宏,吉備 登 2:1-6
LabVIEWを用いた指尖脈波計測およびパワースペクトル解析の実際 論文 共著 平成21年 9月 関西医療大学紀要 遠藤 宏,横田 矗 3:128-134
「黄帝内経」の補瀉観と古代「老子」との関係性についての文献的研究 論文 共著 平成21年 9月 関西医療大学紀要 王 財源,遠藤 宏,吉備 登 3:54-60
低周波鍼通電刺激が筋力・筋硬度に及ぼす影響 -刺激部位 による比較- 論文 共著 平成22年 愛媛女子短期大学紀要 有吉晃平,遠藤 宏 22:49-57
直流電気鍼 (その1) 論文 共著 平成22年 6月 日本良導絡自律神経学会雑誌 遠藤 宏,山田隆文,桑原俊之 55(2):77-81
直流電気鍼 (その2) 論文 共著 平成22年 9月 日本良導絡自律神経学会雑誌 遠藤 宏,山田隆文,桑原俊之 55(3):115-120
Catecholamine and Corticosteroid Secretion and Gene Expression of the Synthesizing Enzymes in Adrenal Glands of SHRSP and WKY in Response to Cold Stress. (Dissertation thesis) 論文 共著 平成23年 1月 Journal of Medical Science. H.Endo,M.Tabuchi,M.S.Ashenagar,K.Ooshima,H.Chen and H.Higashino 11(1):19-29
良導絡測定(現象)と白血球百分比との関連性について 論文 共著 平成23年 12月 日本良導絡自律神経学会雑誌 吉村俊彦,遠藤 宏 57(1):1-12
耳介刺激の体重減量に及ぼす要因の検討 論文 共著 平成26年 12月 日本良導絡自律神経学会雑誌 松原千穂,遠藤 宏 60(1):38-49
良導絡データの多変量解析による診断法-胸椎圧迫骨折患者の良導絡(針)治療を通じて- 論文 共著 平成26年 12月 日本良導絡自律神経学会雑誌 林 正貴,遠藤 宏,田中泰史,吉備 登 60(1):28-37
高齢者の日常生活活動度(ADL)が皮膚電気抵抗値に及ぼす影響 論文 共著 平成27年 12月 日本良導絡自律神経学会雑誌 玉井清志,遠藤 宏,和田恒彦,齋藤秀樹,今井賢治,久島達也 61(1):10-23
Central and peripheral sympathetic controls on catecholamine release in mail 2-month-old SHRSP and WKY investigated by means of 6-hydrodydopamine injections. 論文 共著 不明 Biogenic Amines Higashino H,Kawamoto M,Endo H and Oshima K. 18:369-377, 2004.
Beneficial effects of long-term administration of ONO-3144,a free radical scavenger,on stroke-prone SHR1 論文 共著 不明 Acta Pharmacologica Sinica Hideaki HIGASHINO,Kana MAEDA,Masazumi KAWAMOTO,Hiroshi ENDO,Lee Wen-hisung 23(5):393-398, 2002.
A Study of Pain Threshold by The Ryodoraku (i.e.,Meridian) Current Measurement 論文 共著 不明 6月 Deutsche Zeitschrift fur Akupunktur (German Journal of Acupuncture) Hiroshi ENDO,Takayuki NAKAYOSHI,Masazumi KAWAMOTO,Shigeyuki KANAI,Hideaki HIGASHINO 44(2a):220, 2001
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成20年 8月 〜 平成20年 8月 The 12th World congress on Pain Glasgow / UK Involvement of phosphorylation of NR2B subunit of NMDA receptor at Tyr 1472 in maintenance of neuropathic pain 学会
平成20年 10月 10日 〜 平成20年 10月 12日 The ICMART XIII World Congress Budapest / Hungry A Pharmacological study of skin electric current as base of the Ryodoraku meridian (EMI) measurement -- Effect after sympathicolytic drug administration for experimental animal 学会
平成21年 5月 29日 〜 平成21年 5月 31日 The ICMART 2009 International Congress in Medical Acupuncture Thessaloniki / Greece A study of Ryodoraku current (i.e.,Meridian phenomenon) related to Activity of Daily Living (ADL) 学会
平成21年 9月 〜 平成21年 9月 第61回 日本良導絡自律神経学会学術大会 東京 健常者と腰痛患者において姿勢変換した際の良導絡電流の比較 学会
平成22年 9月 〜 平成22年 9月 第62回 日本良導絡自律神経学会学術大会 大阪 良導絡測定時における導電距離について 学会
平成24年 9月 〜 平成24年 9月 第64回 日本良導絡自律神経学会学術大会 福岡 電気針(EAP)の通電時における生体導電路について 学会
平成28年 10月 8日 〜 平成28年 10月 9日 The 1st Symposium of International Federation of Ryodoraku Medicine; IFRM Hokkaido University Would the cathode current influences the biological activities? --Inferred from the growth of radish sprouts-- 学会
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
 
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加入試問題検証委員
部活動顧問、教育GP支援活動
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座
その他

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱一般社団法人 国際良導絡医学会 理事 平成28年3月~
日本良導絡自律神経学会 組織部長 平成25年10月~
大阪医科大学 麻酔科同門会 Award<兵頭正義賞>選考委員 平成21年4月~
鍼灸学系大学協議会 理事
地域貢献活動【東洋医学でみる健康観】熊取ゆうゆう大学<煉瓦館>.大阪府熊取町.2005年12月
【東洋医学と養生法】泉佐野市民大学(公開講座)泉佐野市教育委員会主催<泉佐野市立生涯学習センター>,大阪府泉佐野市.2001年12月
【長寿と鍼灸】大阪府民ネット=公開講座(田尻町教育委員会主催),大阪府田尻町.2001年11月
【健康について考える】高齢者教室(熊取町教育委員会主催),大阪府熊取町.2000年5月
他(計7回)
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座【ストレスにおける自律神経反応と良導絡の相互関係について】平成28年度(第15回)日本良導絡自律神経学会近畿ブロック講習会.大阪市.2017年1月
【良導絡測定!・その測定の問題点とデータの意義を考える】日本良導絡自律神経学会東日本ブロック月例研修会.東京都(順天堂大学).2016年1月
【神経幹刺鍼療法】講演と実技 はびきの鍼灸マッサージ師協会学術研修会.大阪府羽曳野市.2013年6月
【電気針(直流・パルス)の意義と実際】医療技術研究会(日本良導絡自律神経学会愛知支部主催).名古屋市.2011年6月
【直流電気針による生体反応と其の効果について】日本良導絡自律神経学会九州ブロック総会.久留米市(久留米大学).2011年5月
【理学的検査法による肩関節の鍼灸臨床とその周辺】第24回 柔整鍼灸臨床研究会(全国柔整鍼灸協同組合主催).大阪市.1998年2月
【帯状疱疹後神経痛の鍼灸治療】大阪府鍼灸師会学術講習会.大阪市.1995年9月
他(計71回)
その他【実技公開】第67回 日本良導絡自律神経学会学術大会(京都府)  2015年10月
【シンポジスト(これからの良導絡)】第64回 日本良導絡自律神経学会学術大会(福岡県) 2012年9月
【大会実行委員長】第62回 日本良導絡自律神経学会学術大会(大阪府) 2010年10月
【シンポジスト(直流電気鍼の効果)】第59回 日本良導絡自律神経学会学術大会(愛知県) 2007年10月
【大会実行委員長】第58回 日本良導絡自律神経学会学術大会(大阪府) 2006年10月
【シンポジスト(良導絡入門講座)】第55回 日本良導絡自律神経学会学術大会(三重県) 2003年10月
他、座長など(計12回)

6. 前回の自己改善目標を踏まえた今後の自己改善目標