教員名: 坂本 尚史, sakamoto takabumi

1. 基本情報

学位工学博士
職名教授
学歴(最終学歴)昭和50年3月 早稲田大学大学院工学研究科鉱山及び金属工学専攻博士課程 修了
職歴(過去のポイントとなる職歴)昭和50年4月 岡山理科大学理学部(教養部会) 講師 (昭和51年3月まで)
平成7年4月 岡山理科大学理学部基礎理学科 教授 (平成16年3月まで)
平成24年4月 千葉科学大学危機管理学部長兼千葉科学大学大学院危機管理学研究科長 (平成28年3月まで)
平成29年4月 倉敷芸術科学大学危機管理学部 教授
所属(学科名)危機管理学科
生年(和歴、年)昭和21年
職歴(現職となった年月)平成29年4月 倉敷芸術科学大学危機管理学部長
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成29年度「危機管理学概論」「自然災害論」「教養ゼミナールⅠ」「教養ゼミナールⅡ」「院)環境経済論」「院)特別研究」
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー火曜日3時限
リメディアル教育
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)毎時間小テストおよび宿題を課し、授業外学習を行うよう指導している。
作成した教科書、教材、参考書講義時に使用するパワーポイントファイルを作成して配布している。
教育方法・教育実践に関する発表、講演等今のところなし。
その他教育活動上特記すべき事項特になし。

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野複合領域
分科社会・安全システム科学
細目名自然災害科学・防災学
研究テーマ岩石鉱物の化学的風化作用に関する実験的研究、マグネシウム系粘土鉱物の合成と鉱物化学的性質に関する研究、土砂災害の要因としての粘土鉱物の研究
キーワード土砂流、自然災害予測・分析・対策、災害リスク評価
所属学会日本粘土学会、日本鉱物科学会、総合危機管理学会、国際粘土研究連合(Association Internationale pour l'Etude des Argiles、International Association for the Study of Clays)、米国鉱物学会(Mineralogical Society of America)、米国粘土学会(The Clay Minerals Society)
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
Causes of Spontaneous Ignition by Disaster Waste Generated after Great East Jaoan Earthquake 論文 共著 平成25年 Recycling: Tech. Sys. Manage. Pract. and Environ. Impact Murasawa, N., Koseki, H., Iwata, Y. and Sakamoto, T. 225-240
Investigation of the Heat Generation and Spontaneous Ignition of Disaster Waste Generated after the 2011 Great East Japan Earthquake 論文 共著 平成25年 Fire Safty Journal, No.59 Murasawa, N., Koseki, H., Iwata, Y. and Sakamoto, T. 178-187
危機管理に対する意識の変化 ー東日本大震災前後の意識調査からー 論文 共著 平成25年 2月 千葉科学大学紀要、6号 狩野 勉、伊永隆史、坂本尚史 23-39
災害に対する弱点を発見するためのイメージトレーニング手法の試案 論文 共著 平成25年 10月 地域安全学会梗概集、32号 藤本一雄、坂本尚史、狩野 勉、細川正清、仲田博史、室井房治 117-120
Risk assessment of woody biomass fuels and waste using high-sensitivity calorimetry and gas chromatography 論文 共著 平成26年 Waste and Biomass Valorization, Vol.5, No.2 Murasawa, N., Koseki,H., Iwata, Y. and Sakamoto, T. 223-233
災害廃棄物の安全対策 ー発酵によって引き起こされる自然発火の危険性ー 論文 共著 平成27年 9月 安全工学、54巻、5号 村沢直治、古積 博、坂本尚史、岩田雄策、佐伯孝夫 378-386
再生資源燃料の自然発火と相対評価手法の検討 論文 共著 平成27年 9月 都市清掃、68巻、327号 村沢直治、古積 博、坂本尚史、岩田雄策 493-502
東日本大震災に起因する災害廃棄物からの火災と発酵による自然発火の可能性 論文 共著 平成28年 11月 都市清掃、69巻、334号 村沢直治、古積 博、坂本尚史、岩田雄策 574-584
Artificial Chemical Weathering of Plagioclase by Acidic Hydrothermal Solutions --The Effect on Chemical Composition of Hot Spring Water-- 論文 共著 平成28年 12月 温泉化学、66巻 Kobayashi, S., Baba, Y., Kanayama, A., Naohara, J., Sakamoto, T. and Kitaoka, K. 89-106
自然災害による最悪の事態を回避するための結果事象型イメージトレーニングの提案と実践 論文 共著 平成29年 3月 地域安全学会論文集、30号 藤本一雄、坂本尚史、細川正清、室井房治、近藤伸也
醤油かすと魚粉の自然発火危険性について 論文 共著 平成29年 7月 都市清掃、70巻、338号 村沢直治、古積 博、高 黎静、岩田雄策、坂本尚史 386-396
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成25年 10月 26日 日本災害情報学会第15回大会 桐生 災害に対する弱点を発見するためのイメージトレーニング 学会
平成26年 9月 15日 日本安全教育学会第15回宮城大会 仙台 最悪の結果から考える弱点発見ワークショップの試行 学会
平成26年 9月 25日 第58会年度科学討論会 福島市A・O・Z ケイ素含有ハイドロタルサイト様化合物の合成と特性評価 学会
平成26年 12月 4日 第47回安全工学会研究発表会 産業技術総合研究所筑波中央事業所共用講堂 分別土の火災・爆発危険性の評価 学会
平成28年 9月 16日 第60回粘土科学討論会 九州大学 粘土鉱物等の溶融特性 学会
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
 
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加
部活動顧問、教育GP支援活動
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座
その他

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱千葉県環境影響評価委員会委員(3月末まで)、東総地区広域市町村圏事務組合ごみ焼却施設建設運営事業者選定委員会委員
地域貢献活動
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座倉敷高等学校高大連携講座「危機とは何か、危機管理とは何か」、倉敷市大学連携講座「自然災害の防災・減災〜危機管理の観点から〜」、吉備創生カレッジ講座「危機管理とは何か、災害危機管理を例として」、私立大学図書館協会中国・四国地区研究会「危機管理・リスク管理について考える」
その他倉敷ロータリークラブ卓話「危機管理・リスク管理の考え方」

6. 前回の自己改善目標を踏まえた今後の自己改善目標