教員名: 土屋 博之, Tsuchiya Hiroyuki

1. 基本情報

学位博士(学術)、修士(経営学)
職名教授
学歴(最終学歴)平成25年3月 高知工科大学大学院 工学研究科 基盤工学専攻 起業家コース 博士後期課程 修了
職歴(過去のポイントとなる職歴)昭和60年1月 富士ゼロックス株式会社 入社(平成27年3月退職)
平成27年4月 関西外国語大学 短期大学部 准教授
所属(学科名)危機管理学科
生年(和歴、年)昭和34年
職歴(現職となった年月)平成29年4月 倉敷芸術科学大学 危機管理学部 教授
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成29年度危機管理と社会制度、教養ゼミナールⅠ、教養ゼミナールⅡ、ゼミナールⅢ(経営情報学科)
平成30年度リスクマネジメントの基礎、リスクマネジメントの実践、リスクコミュニケーション、危機管理と社会制度、教養ゼミナールⅠ、教養ゼミナールⅡ、 経営危機管理学ゼミナールⅠ、経営危機管理学ゼミナールⅡ、卒業研究(経営情報学科)
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー火曜日3限
*研究室に来る時は、事前に連絡することが望ましい。
リメディアル教育
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)授業アンケートのコメントを受け、授業外学習で時事についての学生個々の考えをまとめるよう、レポート課題を取り入れた。
作成した教科書、教材、参考書
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
その他教育活動上特記すべき事項

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野社会安全システム科学
分科社会システム工学・安全システム
細目名リスクマネジメント
研究テーマ企業不祥事におけるビジネスリスクと従業員行動の関係
キーワードリスクマネジメント、企業不祥事、オペレーショナル・リスク、経営品質
所属学会日本リスク管理学会(理事)、総合危機管理学会、日本リスクマネジメント学会、日本ビジネス・マネジメント学会、実践経営学会、経営行動科学学会、人を大切にする経営学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
日本企業の持続可能性におけるビジネスリスクの研究 ~企業不祥事に対するリスクマネジメントを中心として~ 論文 単著 平成25年 3月 高知工科大学大学院【博士論文】
リスクマネジメントの巧拙が株価に与える影響 ~CSRからの視点を中心として~ 論文 単著 平成25年 4月 実践経営学会機関紙『実践経営』第50号 PP.101-110
企業不祥事と持続可能性 著書 単著 平成25年 6月 ブイツーソリューション
企業における行動規範教育の実際 論文 単著 平成28年 3月 関西外国語大学人権教育思想研究所紀要『人権を考える』 PP.95-115
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成24年 8月 4日 〜 平成24年 8月 5日 実践経営学会(第55回全国大会) 久留米大学 【口頭発表】
リスクマネジメントの巧拙が株価に与える影響
~CSRからの視点を中心として~
学会
平成24年 11月 17日 〜 平成24年 11月 18日 経営行動科学学会(第15回年次大会) 神戸大学 【口頭発表】
リスクマネジメントの現状と課題
~食品会社を中心に~
学会
平成28年 9月 9日 〜 平成28年 9月 11日 実践経営学会(第59回全国大会) 近畿大学 【コメンテーター】
ダイナミック・ケイパビリティの定量的測定 に関する予備的考察
-先行研究における測定指標の日本企 業への適用可能性-
報告者:大東文化大学、山田敏之_先生
学会
平成29年 9月 2日 〜 平成29年 9月 2日 日本リスク管理学会(第1回 全国学術大会・リスク管理フォーラム) 町田市(東京都)文化交流センター 【口頭発表】
従業員行動が「企業の品質」に与える影響
~企業不祥事は何故起こるのか?~
学会
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
 
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加キャリアセンター次長
平成29年度入学生チューター
遺伝子・病原体等安全委員会
部活動顧問、教育GP支援活動
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座アクティブラーニングを導入した科目の授業公開(平成30年度前期)
その他

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱
地域貢献活動
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座
その他

6. 今後の自己改善目標

平成29年度の授業で【アクティブラーニング】(グループ・ワーク)を中心に授業を組み立てたが、授業アンケートで個人活動が必要とのコメントをいただいたため、授業外学習で個人活動により日々の時事の調査学習を取り入れた。