教員名: 髙橋 良平, Takahashi Ryohei

1. 基本情報

学位修士(工学)
職名講師
学歴(最終学歴)平成13年 3月 鳥取大学大学院 工学研究科 社会開発システム工学専攻
職歴(過去のポイントとなる職歴)平成16年 7月 株式会社ブレインパッド シニアアナリスト
平成19年 4月 株式会社鳥取銀行
所属(学科名)危機管理学科
生年(和歴、年)昭和51年
職歴(現職となった年月)平成30年 4月 倉敷芸術科学大学 講師
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成30年度地域政策論、企業経営危機論Ⅰ、経済政策、経営危機管理学ゼミナールⅠ、経営危機管理学ゼミナールⅡ、統計学、基本数学
令和元年度地域政策論、企業経営危機論Ⅰ、経済政策、保険学、企業経営危機論Ⅳ、経営危機管理学ゼミナールⅠ、経営危機管理学ゼミナールⅡ
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー月曜日2限目
リメディアル教育
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)グループディスカッション、フィールドワークなどのアクティブラーニングを実施。
学生に対して、企業・行政等の実務者と交流できる機会づくりを提供
作成した教科書、教材、参考書講義パワーポイントを資料として配布。
高校生向けファイナンシャル・プランニング教育教材「あなたの未来予想図 ライフプランづくりに挑戦」
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
その他教育活動上特記すべき事項公務員試験・資格試験対策ゼミ「危機管理学科アドバンスゼミ」の開講
公務員試験の学習計画作成支援、学習コーチングなどを実施

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野社会科学
分科経済学
細目名経済政策、金融・ファイナンス
研究テーマ地域金融政策 サービス・マーケティング研究、計量経済学を用いた地域マーケティングの実践研究、地方創生に向けた地域経済政策研究
キーワード地方創生、DMO(Destination Management Organization)、サービス・ロジック、地域経済政策
所属学会日本消費経済学会、アジア市場経済学会、総合危機管理学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
ICTを活用した顧客関係性構築 論文 単著 平成27年 3月 岡山理科大学地域分析研究会「社会情報研究」第14号 1-18頁
ICTを活用した企業・消費者間の顧客関係性構築について -小売業・地域銀行の比較から― 論文 単著 平成29年 6月 日本消費経済学会「消費経済研究」第6号 157-169頁
「サービス社会のマネジメント」 第17章 サービス社会における地方創生 -DMOを事例として- 著書 共著 平成30年 12月 同文舘出版株式会社 村松潤一・山口隆久 216-229頁
東アジア・東南アジア国際分業に関する分析 ーアジア圏における付加価値貿易の中国の影響ー 論文 単著 平成31年 1月 アジア市場経済学会「アジア市場経済学会年報」第20・21合併号 129-137頁
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成28年 3月 27日 日本消費経済学会 中四国部会 岡山理科大学 企業・消費者間の関係性構築に関する実証分析 学会
平成28年 6月 25日 アジア市場経済学会全国研究大会 東亜大学 東アジア・東南アジアの付加価値輸出に関する考察 学会
平成29年 3月 8日 日本消費経済学会 中国四国部会 岡山理科大学 フィンテックによる金融機関の顧客サービスの変革
学会
平成29年 7月 1日 アジア市場経済学会全国研究大会 和光大学 アジア諸国におけるフィンテックによる金融サービス変革の比較検証 学会
平成30年 6月 30日 日本消費経済学会全国大会 日本大学商学部 地域金融機関における地方創生施策の経済的効果についての考察 学会
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
平成30年 9月 麒麟のまち圏域 観光アンケートデータベースの構築 1,200,000 円 共同 一般社団法人麒麟のまち観光局
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加IR・企画室 次長
就職委員会
部活動顧問、教育GP支援活動
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座高校生向けファイナンシャル・プランニング講座「あなたの未来予想図 ライフプランづくりに挑戦!」(6/3於 オープンキャンパス)
その他大学教員の教育能力向上に向けた学内FD/SD研修
「評価・IRのとは何か(倉敷芸術科学大学におけるIR)」(9/27)
「大学IR集中講習会 報告」(3/15)

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱
地域貢献活動山陰海岸ジオパーク推進協議会 ツーリズム部会 マーケティングアドバイザ(8/24)
真備町・奈良南都七大寺 災害復興祈念法要開催支援(12/20)
真備町2018年7月豪雨復興ボランティア参加(計7回)
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座第1回麒麟のまち観光圏情報交流サロン 講演「マーケティングデータの分析・活用について」(2/19)
その他

6. 今後の自己改善目標

今後の目標として、学部内でのプロジェクト課題解決型学習(PBL)活動を推進。学部・学科を超えた学生プロジェクトの企画検討。
わかりやすく、より企業等実社会で実践可能な授業・講義づくりを実施。