教員名: 中川 浩一, Nakagawa Hirokazu

1. 基本情報

学位学士(経済学)
職名教授
学歴(最終学歴)
職歴(過去のポイントとなる職歴)
所属(学科名)メディア映像学科
生年(和歴、年)昭和39年
職歴(現職となった年月)
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成28年度アニメーション概論、アニメーション基礎、アニメーション演習、アニメーション実習I、アニメーション実習II、メディア映像論、プロジェクト演習、卒業研究, 院)メディア映像研究
平成29年度アニメーション概論、アニメーション基礎、アニメーション演習、アニメーション実習I、アニメーション実習II、卒業研究, 院)メディア映像研究、プロジェクト演習、総合プロジェクト演習、メディア映像論
平成30年度アニメーション概論、アニメーション基礎、アニメーション演習、アニメーション実習I、アニメーション実習II、卒業研究, 院)メディア映像研究、プロジェクト演習、総合プロジェクト演習、メディア映像論
令和元年度アニメーション概論、アニメーション基礎、アニメーション演習、アニメーション実習I、アニメーション実習II、卒業研究, 院)メディア映像研究、プロジェクト演習、総合プロジェクト演習、メディア映像論
令和2年度アニメーション概論、アニメーション基礎、アニメーション演習、アニメーション実習I、アニメーション実習II、卒業研究, 院)メディア映像研究、プロジェクト演習、総合プロジェクト演習、メディア映像論、院)領域横断特別研究
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー前期・月曜日昼休みおよび3時限目/後期・月曜日昼休みおよび5時限目
リメディアル教育入学予定者を対象に入学前教育冊子を作成、課題を設定し提出を求める。
提出課題を整理し担当教員(自分を含む)へ連絡、その上で添削し提出社へ返送する。
こうした内容について企画・実施し、入学予定者が入学後の学習にスムーズに結びつくようプランニングを実施している。ここの通信講座フォーマットはその後オープンキャンパスなどでのワークショップ実施にもつながっていった。
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)授業内での問いかけ、意見の発起、問題提起などから受講者自己の考えの枠組みを育む方式をとっている。またディスカッションを推奨している。その精度の高い実施のためにICT技術を利用している。
実習においても表現のテーマ、目的、手段、イメージを想起しそれを具体的にどうすればいいかを指導するスタイルである。基本的には受講者の世界観、目指す方向を尊重するが既存の思考法も学習することを推奨する。
授業アンケートの結果を受け、参考書籍や参考Webサイトの紹介や分かりやすい説明による内容理解の向上に努めた。またレポート制作についての検索方法を指導。実習においてはアプリケーションの操作を視覚的に認識できるようハンズオンでの指導の他、指導ビデオなども制作し取り入れた。また制作の志向プロセスを視覚化したビジュアル教材を作成した。また確認用のチェック項目フォームも作成しさらに理解を深めるための工夫をした。
作成した教科書、教材、参考書講義内で使用するプレゼンテーション資料やビジュアルドキュメントを多数(総ページ数300頁超)制作した。ハンズオントレーニングにつながるビデオ教材を作成しGoogleClassroomを通じてドライブの保存しクラス登録者が利用できるようにしている。
またその教材についてはクラウドサービスにアップロードし履修者が自由にダウンロードできるようにし、教材による講義内の学習に留まらず、復習/予習が可能となる環境を整えた。
教育方法・教育実践に関する発表、講演等2020年 卒業記念黒板アート+プロジェクションマッピング
2019年 クリスマスイベント・プロジェクションマッピング
2019年 ちいさなおうちの展覧会
2019年 赤磐アートラリー展示
2019年 岡山県天神山文化プラザ「鳥柱」プロジェクションマッピング+インタラクティブアニメーション
2019年 WAKUWAKUアクアリム2019演出展示
2018年 島根県立美術館企画展での講演およびワークショップ
2018年 岡山県天神山文化プラザでのワークショップ
2018年 JETRO海外メディア招聘事業でのワークショップ
2017年 倉敷市立美術館ワークショップ
その他教育活動上特記すべき事項ゼミ活動として1〜4年生といった学年を超えて積極的な交流と切磋琢磨を実践、スキル向上を目指した。学年を越えたコラボレーションを実施し共同制作の楽しさや意味合いを学生に体感させている。2019年には学外のパンフレット制作、イラスト冊子制作、アートプロジェクトを実施している。
また学外とのコラボレーションによるプロジェクトに積極的に参加し、学生の地域貢献および社会人としての振るまいや考え方の深化に努めた。
2019年には学生主体によるプロジェクションマッピングアートプロジェクトを企画実施した。
高校生を対象としたコンテスト「倉魂」を2011年度から継続的に企画運営し、高校生の芸術的才能の発掘に努めまたそのことを通じて地域にも貢献した。2017年からは高校生だけでなく中学生部門「プチクラ+」も実施しさらに地域経験の新たな才能の発掘に取り組んでいる。2019年からは本コンテストの表彰式をネット上で開催し「エア表彰式」として配信している。

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野人文学
分科芸術学
細目名芸術学・芸術史・芸術一般
研究テーマインタラクティブアニメーション作品の研究と開発 アニメーションのVR、AR化による新しい表現研究 テクノロジーアートとアニメーション表現の融合 インタラクティブなプロジェクションマッピング表現研究 アニメーションにおける「動き」の研究 アニメーションにお
キーワード(B)美術論、(C)芸術諸学、(E)大衆芸術
所属学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
エネルギー環境教育支援のための教材製作にみるキャリア教育の緒 -- 教科教育の縦糸に絡ませる横糸の具体化への手がかり 論文 共著 平成23年 3月 倉敷芸術科学大学紀要 (16) (2011-03-01) 山本 健治・中川浩一 71-80
ICT を活用した倉魂 ! 高校生コ ミック・イラストコンクール 2012 の運営について 論文 共著 平成24年 3月 倉敷芸術科学大学紀要,(17) (2012-03-01) 馬場 始三 ,中川浩一, 田丸 稔 ,山下真未 27-37
オープンソースアートとしての「コミックイラスト」 論文 単著 平成28年 12月 倉敷芸術科学大学紀要,(21), (2016-03-01) 15-21
アニメーション教育ツールとしてのLive2D活用について 論文 単著 平成29年 3月 倉敷芸術科学大学紀要,(22), (2017-03-01)
竹久夢二の美人画作品のインタラクティブコンテンツ制作研究 論文 単著 平成30年 3月 ウエスコ学術振興財団研究成果報告書集 80-84
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成25年 〜 平成28年 関西アーバン銀行 CM アニメーション制作 TVオンエア その他
平成26年 〜 平成28年 マロニー株式会社「マロニーちゃん」テレビCMシリーズ その他
平成26年 〜 平成28年 JR 西日本「ふみきり安全」プロモーションビデオ 公開
平成29年 3月 3日 〜 平成29年 NEXCO『 逆走防止キャンペーン 』CM作成 公開 その他
平成29年 8月 〜 平成29年 8月 天満屋冒険水族館 天満屋岡山店 天満屋冒険水族館 その他
平成29年 8月 24日 NHKティーンズビデオ「Nコン」特別番組キャラクターアニメーション制作 公開 その他
平成30年 1月 〜 平成30年 2月 14日 天満屋バレンタインフェア「ショコラ!ショコラ!ショコラ!」 インタラクティブアート制作展示
観客の人体構造を把握してショコラで髪飾りやネックレスを飾ることできるインタラクティブ作品
プロモーション映像制作
その他
平成30年 3月 1日 〜 令和元年 しまじろうプレイパーク 愛知県モンキーパーク、ハルカス美術館、天満屋岡山店、京王百貨店等全国巡回 および、おもちゃ王国 ●しまじろうウェーブ
ベネッセこどもちゃれんじの人気キャラクター「しまじろう」「みみりん」「はなちゃん」「とりっぴー」などを起用したインタラクティブアート制作。センサーによって人体の動きを把握しそれに則した動きを手描きアニメーションでインタラクティブに動かす
●どきどき森
センサーとインタラクティブアニメーションの融合によるアート作品制作。
その他
平成30年 5月 12日 〜 平成30年 5月 13日 島根県立美術館企画展「エヴァンゲリオン」展特別講演アニメーションから「ANIME」への変容」 島根県立美術館 日本での国産アニメーションの勃興とそのありようについて解説。
そしてアニメーションがANIMEとして世界的な評価を受けるようになっていった歴史的な変遷とその意義について講演。
また将来的なアニメーションのありようについても提言した。
展覧会
平成30年 10月 27日 〜 平成30年 10月 28日 WAKU☆WAKUアクアリウム 倉敷芸術科学大学 ミズクラゲ水槽へのインタラクティププロジェクションマッピング展示
魚模型へのプロジェクションマッピングを活用した図解展示。またこれは倉敷芸術科学大学「芸術と科学の協調」共同研究の一環として実施したものである。
展覧会
平成30年 12月 15日 〜 平成30年 12月 15日 岡山県天神山文化プラザ「鳥柱」プロジェクションマッピング 岡山県天神山文化プラザ 岡山県天神山文化・ピロティの壁面レリーフ作品「鳥柱」(山縣壽夫氏・作)へのプロジェクションマッピング作品。生演奏のギターを実施し、サウンドと映像との同期やインタラクションなども取り交えたテクノロジーアート作品。 展覧会
令和元年 5月 25日 〜 令和元年 5月 25日 岡山県天神山文化プラザ「鳥柱」インタラクティブアニメーション・プロジェクションマッピング 岡山県天神山文化プラザ 岡山県天神山文化・ピロティの壁面レリーフ作品「鳥柱」(山縣壽夫氏・作)へのプロジェクションマッピング作品。
映像投影と同時に生演奏のギターを実施し、サウンドの周波数から映像を生成、またダンスユニットとのコラボレーションで体のうごきをセンサーで捉え3DCGアニメーション映像を自動生成するとインタラクティブアニメーションのテクノロジーアート作品。
展覧会
令和元年 10月 12日 〜 令和元年 10月 14日 赤磐アートラリー 赤磐市旧若草幼稚園跡 赤磐市でのアートプロジェクトに本学アニメーションコース卒業生の山下真未の展示作品への技術的基礎のサポートを実施。 展覧会
令和元年 10月 26日 〜 令和元年 10月 27日 WAKUWAKUアクアリウム2019 倉敷芸術科学大学 倉敷芸術科学大学生命科学部マリンバイオコースとのコラボレーション企画で水槽展示の演出映像企画。またこれは倉敷芸術科学大学「芸術と科学の協調」共同研究の一環として実施したものである。 展覧会
令和2年 3月 23日 〜 令和2年 3月 31日 卒業記念黒板アート+プロジェクションマッピング 倉敷芸術科学大学2号館 黒板アート作品へのプロジェクションマッピング作品展示 その他
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
平成28年 10月 〜 平成29年 9月 竹久夢二作品の2Dアニメーション化研究 200,000 円 受託 両備てい園財団の助成金
令和7981年 〜 令和7981年 倉魂!高校生コミックイラストコンクール2017展覧会開催 200,000 円 受託 おかやま県民文化祭「文化パワーアップ・アクション助成金」
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内での活動)

役職、各種委員会参加研究連携センター次長
就職委員
部活動顧問、教育GP支援活動
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座授業公開
その他2020年度高校生コミックイラストコンクール「倉魂」企画運営(2011年〜)
学生の就業力育成のための会社説明会企画と開催
就業力育成のための自主勉強会の開催

5. 学外活動(主に学外での活動)

外部委員の委嘱
地域貢献活動倉敷市委託事業受託「大学連携講座」パンフレット作成(2020年6月予定)
地域振興アニメーション作品制作(2020年6月予定)
岡山県天神山文化プラザ「鳥柱」プロジェクションマッピングプロジェクト参加(2021年3月予定)
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座
その他

6. 今後の自己改善目標

●教育面
学生の将来ビジョンをクリアにした上で必要な知識・技術をサポート、特に最新のテクノロジーを駆使した新しい表現への適応力と発想力を育ててクリエイティブの基礎力の育成を目指す。特に2DCGおよび3DCGの技術的向上と、新規に導入したアプリケーションへの技術的知識を高めるよう指導する。
新しい技術をベースとした新しい表現方法の思考法と技法をマスターする。
●地域連携
地元・倉敷市や近隣市町村とのコラボレーションを積極的にゼミ活動のなかに取り入れる。2020年は岡山〜倉敷をテーマとした作品(アニメーションあるいはアートプロジェクト)を企画する。
研究連携センター次長として学内のコラボレーションを進めさらに高い教育効果を目指す。
●新しい表現への挑戦
最新の制作現場での状況を学生たちに共有しその技術的基礎を習得させ、その技術や発想の発露として不特定多数のひとに作品鑑賞してもらう機会を作る。2020年度はセンサーを用いたインタラクティブアニメーション作品への取り組み、大学の校舎を対象としたプロジェクションマッピングの制作を目指す。また校舎内にミラーワールドとしてのARレイヤーを設定し、新しいアニメーション表現の地平について拡張を試みる。
●研究の進展
新しい研究領域としてテクノロジーアートとアニメーションの融合を目指した研究を推進する。具体的な方法としは本学の「芸術と科学の協調研究」によって共同研究を進める。
●学生に就活支援
学生への情報共有、学科教員への情報共有をすすめ、いつでもどこからでも就職活動できる情報面での基盤を構築していく。
ページ先頭へ ▲