教員名: 赤木 恒雄, Akagi Tsuneo

1. 基本情報

学位修士(教育学)
職名教授
学歴(最終学歴)昭和56年3月 広島大学大学院教育学研究科博士課程後期退学
職歴(過去のポイントとなる職歴)
所属(学科名)経営情報学科
生年(和歴、年)昭和27年
職歴(現職となった年月)平成7年4月 倉敷芸術科学大学 教授
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成25年度教育学原論、教育課程論、教育行政学、教職論、博物館教育論、人間の発達と形成、教職実践演習、教育実習I(事前指導事後指導)、教育実習II(現場実習A)、教育実習III(現場実習B)、生涯学習概論、生涯学習論、2年次ゼミ、3年次ゼミ、卒業研究、通)生涯学習概論、院)生涯学習論研究、院・通)生涯学習論研究、院・通)生涯学習論演習
平成26年度人間の発達と形成、教育学原論、生涯学習概論、博物館教育論、教職論[教師論、教師形成論]、教育行政学、教育課程論、教職実践演習 、教育実習I(事前指導事後指導)、教育実習II(現場実習A)、教育実習III(現場実習B) 、生涯学習論、2年次ゼミ、卒業研究、院)生涯学習論研究
平成27年度人間の発達と形成、人生と仕事II、教育学原論、生涯学習概論、博物館教育論、教職論[教師論、教師形成論]、教育行政学、教育課程論、教職実践演習 、教育実習I(事前事後指導)、教育実習II(現場実習A)、教育実習III(現場実習B) 、生涯学習論[まちづくりと生涯学習]、3年次ゼミ、卒業研究、院・通)生涯学習論研究
平成28年度人間の発達と形成、人生と仕事、教育学原論、生涯学習概論、博物館教育論、教職論[教師論、教師形成論]、教育行政学、教育課程論、教職実践演習 、教育実習I(事前事後指導)、教育実習II(現場実習A)、教育実習III(現場実習B) 、まちづくりと生涯学習[生涯学習論]、ゼミナールII、ゼミナールIII、卒業研究、院・通)生涯学習論研究、院・通)生涯学習論演習
平成29年度人間の発達と形成、人生と仕事、教育学原論、生涯学習概論、博物館教育論、教職論[教師論、教師形成論]、教育行政学、教育課程論、教職実践演習 、教育実習I(事前事後指導)、教育実習II(現場実習A)、教育実習III(現場実習B) 、インターンシップ、まちづくりと生涯学習[生涯学習論]、ゼミナールIII、卒業研究、院・通)生涯学習論研究、院・通)生涯学習論演習
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー火曜日2時限
リメディアル教育
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)各講義の最終授業終了時に学生に書いてもらう要望・改善点等を、次学期の授業に反映させる努力を行っている。また、すべての授業で、毎回授業終了前に授業内容に関わる課題を出し、受講生に解答させ、次回の授業開始時に、前回の解答のミス、理解できていない内容を補足説明し、受講生の理解度を高める工夫をしている。
作成した教科書、教材、参考書
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
その他教育活動上特記すべき事項

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野社会科学
分科教育学
細目名教育学
研究テーマ住民の学習機会の保障のあり方について
キーワード生涯学習、社会教育、学校開放、学習施設、成人
所属学会日本教育学会、日本社会教育学会、日本生涯教育学会、日本公民館学会、日本比較教育学会、日本教師教育学会、大学教育学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
学校と地域の連携のあり方につ いて-学校支援地域本部事業を中心に- 論文 単著 平成25年 3月 国際教育研 究所紀要第 23 号 PP.1 ~ 18
新教職概論 改訂版 著書 共著 平成26年 4月 学文社 赤星晋作編著 pp.107- 122
教科書採択のあり方について考える 論文 単著 平成26年 6月 国際教育研究フォーラム 第 63 号 p.1
新初等教育原理 著書 共著 平成26年 8月 福村出版 佐々木正治編著 pp.169- 182
少子化時代における学校教育のあり方について 論文 単著 平成26年 9月 国際教育研究所 国際教育研究フォーラム 第 64 号 p.1
アメリカにおける大学入試について 論文 単著 平成27年 1月 国際教育研究所 国際教育研究フォーラム 第 65 号 pp.7-8
教育委員会改革とその後の移行状況について 論文 単著 平成28年 2月 国際教育研究所 国際教育研究フォーラム 第 70 号 pp.2-6
次期学習指導要領の特徴と課題 論文 単著 平成29年 3月 国際教育研究所 国際教育研究フォーラム 第 74 号 pp.7-10
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
 
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
 
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加人間文化研究科人間文化専攻長、経営情報学科長、観光学科長、学務委員、就職委員、学生生活委員
部活動顧問、教育GP支援活動
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座
その他

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱倉敷市社会教育委員会議議長、倉敷市公民館等運営審議会委員長
地域貢献活動水島臨海鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト(COC事業)
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座
その他

6. 前回の自己改善目標を踏まえた今後の自己改善目標

前回の改善目標を受け、「教育課程論」、「教育学原論」では、パワーポイントを用いて、授業内容をより理解しやすいように図式化し、また教育学者の肖像画を示すなどしてより親しみやすく、学べるように工夫をしている。「人間の発達と形成」では、受講生が現代社会の課題などに主体的に取組み、自ら考える力を身に付けることを2つ目の目標にしている。このために配布する資料が授業では充分活かされていないので、再度より成果が上がる方法について検討している。今後は、授業をアクティブラーニング化し、授業効果を上げていきたい。