教員名: 小山 悦司, Koyama Etsuji

1. 基本情報

学位修士(教育学)、修士(工学)
職名教授
学歴(最終学歴)昭和58年3月 広島大学大学院教育学研究科博士課程後期教育行政学専攻退学
職歴(過去のポイントとなる職歴)昭和58年4月 岡山理科大学(平成7年3 月まで)
所属(学科名)経営情報学科
生年(和歴、年)昭和27年
職歴(現職となった年月)平成7年4月 倉敷芸術科学大学 教授 (現在に至る)
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成25年度教育学原論、教師論、教育の方法と技術、教職実践演習、教育実習I、教育実習II(観察実習)、教育実習III(現場実習A)、教育実習IV(現場実習B)、博物館情報・メディア論、キャリア・チャレンジI、キャリア・チャレンジII、倉敷まちづくり実践論、まちづくりインターンシップ、芸術と科学の強調、ゼミナールI、プレゼンテーション論、教育工学(通信制)、院)特別研究、院)特別研究(通信制)、院)教育人材開発論研究、院)教育人材開発論研究(通信制)、院)教育人材開発論演習(通信制)
平成26年度教育学原論、教師論、教育の方法と技術、教職実践演習、教育実習I、教育実習II、教育実習III、博物館情報・メディア論、倉敷と仕事、キャリア・チャレンジI、キャリア・チャレンジII、倉敷まちづくり実践論、まちづくりインターンシップ、芸術と科学の強調、ゼミナールI、プレゼンテーション論、教育工学(通信制)、院)特別研究、院)特別研究(通信制)、院)教育人材開発論研究、院)教育人材開発論研究(通信制)、院)教育人材開発論演習(通信制)
平成27年度教育学原論、教師論、教育の方法と技術、教職実践演習、教育実習I、教育実習II、教育実習III、博物館情報・メディア論、倉敷と仕事、キャリア・チャレンジI、キャリア・チャレンジII、倉敷まちづくり実践論、まちづくりインターンシップ、芸術と科学の強調、ゼミナールI、プレゼンテーション論、院)特別研究、院)特別研究(通信制)、院)教育人材開発論研究、院)教育人材開発論研究(通信制)、院)教育人材開発論演習(通信制)
平成28年度教育学原論、教師論、教育の方法と技術、教職実践演習、教育実習I、教育実習II、教育実習III、博物館情報・メディア論、倉敷と仕事、キャリア・チャレンジI、キャリア・チャレンジII、倉敷まちづくり実践論、まちづくりインターンシップ、芸術と科学の強調、ゼミナールI、ゼミナールⅢ、プレゼンテーション論、院)特別研究、院)特別研究(通信制)、院)教育人材開発論研究、院)教育人材開発論研究(通信制)、院)教育人材開発論演習(通信制)
平成29年度教育学原論、教職論、教育の方法と技術、教職実践演習、教育実習I、教育実習II、教育実習III、博物館情報・メディア論、倉敷と仕事、倉敷まちづくり実践論、まちづくりインターンシップ、地域貢献実践、若衆実践演習、芸術と科学の強調、ゼミナールⅢ、プレゼンテーション論、院)特別研究、院)特別研究(通信制)、院)教育人材開発論研究、院)教育人材開発論研究(通信制)、院)教育人材開発論演習(通信制)
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー火曜4時限目
リメディアル教育ゼミナールの履修者のうち希望者を対象にSPI基礎力補充勉強会を実施。
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)授業アンケートの結果を受け、レポートや課題など教室外での自主学習の方法について、「レポート作成法」(改訂版)と題する教材を作成して、より理解し易い指導法を工夫した(平成27年度)。倉敷と仕事、倉敷まちづくり実践論、まちづくりインターンシップ、プレゼンテーション論の授業において、科目ルーブリックを導入してパフォーマンス評価を実施した(平成28年度)。
作成した教科書、教材、参考書教師論の教科書:『新教職概論(共著)』、学文社、平成23年。教育工学の副教材:「教育工学における教授デザイン研究の動向」全14頁、平成24年 3月。
教育方法・教育実践に関する発表、講演等「全国学力・学習状況調査にみる学力と家庭環境の関連」(国際教育研究所研究発表 平成29年10月28日)
「学校改善と地域力強化につながる教員の働き方改革」(国際教育研究所研究発表 平成29年8月26日) 
「オンライン留学生日本語支援システムの経過報告」(国際教育研究所研究発表 平成29年5月27日)  
「国際学習到達度調査(PISA)の結果にみる主要国の動向」(国際教育研究所研究発表 平成29年2月25日)
「地域を志向した教育プログラムの研究開発」(国際教育研究所研究発表 平成28年5月28日)
「学力向上に効果的な学校経営の特徴」(国際教育研究所研究発表 平成27年10月24日)
「アクティブ・ラーニングの導入に向けて」(国際教育研究所研究発表 平成27年6月13日)
「教育的効果の高い学外体験活動の実践-インターンシップの拡充に向けて-」(国際教育研究所研究発表 平成26年12月28日)
その他教育活動上特記すべき事項 「教育の方法と技術」(教育工学)の授業において、双方向授業の実現をめざして、クリッカー(学習コミュニケーション・ツール)を活用した公開授業を実施した。その後、「教育学原論」「教師論」などの授業でも導入している。今後とも、クリッカーの多様な活用方法を模索し、導入効果の検証を継続する(平成21~28年度)。

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野社会科学
分科教育学
細目名教育学
研究テーマ地域教育経営に関するスクールマネジメン ト的考察
キーワード教育経営、経営方法、人材開発・開発教育
所属学会大学教育学会、日本教育学会、日本教育経営学会、日本教師教育学会、日本科学教育学会、中四国教育学会、観光情報学会、プレゼンテーション教育学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
学校改善につながる学校評価の 実践-矢掛町での5年間の学校 評価事業を終えて- 論文 共著 平成23年 3月 国際教育研 究所紀要、 第 17 号 pp .21- 31
第三者評価・専門評価の今後の あり方を探る 論文 単著 平成23年 3月 学校力」を 培う学校評 価-持続可 能な第三者 評価・専門 評価の在り 方を探る pp .6-7
学校改善を促す第三者評価シス テムの開発プロセスと実践 論文 共著 平成23年 5月 日本教育経 営学会紀 要、第 54 号 諏訪英広・福本昌之他 pp .102- 112
カリキュラム開発の実践から学 ぶこと 論文 単著 平成25年 6月 共通教育の デザインと マネジメン ト最終報告 書 吉永契一郎 他 pp .49- 60
大学におけるカリキュラム開発 をどう進めるか 論文 単著 平成25年 6月 国際教育研 究フォーラ ム、第 59 号 pp .2- 14
教師の資質能力 著書 共著 平成26年 3月 新教職概論 改訂版 赤星晋作編 pp .42- 58
リーダー育成教育のあり方に関する歴史的考察(1)-陸軍幼年学校の事例から学ぶこと- 論文 単著 平成28年 3月 国際教育研究フォーラム70号 pp.4-5
「倉敷宣言」にみる教育の共通課題 論文 単著 平成28年 5月 国際教育研究フォーラム71号 p.1
フィンランドに学ぶ読書教育 論文 単著 平成28年 9月 国際教育研究フォーラム72号 p.1
オンライン留学生日本語支援システムの開発 論文 単著 平成28年 9月 国際教育研究フォーラム72号 pp.8-10
学習到達度調査(PISA)結果にみる主要国の動向 論文 単著 平成29年 2月 国際教育研究フォーラム73号 p.1
注目すべきシンガポールの高等教育政策 論文 単著 平成29年 3月 国際教育研究フォーラム74号 p.1
教員の働き方改革をめぐる国際比較 論文 単著 平成29年 6月 国際教育研究フォーラム75号 p.1
学力と家庭の生活格差 論文 単著 平成29年 9月 国際教育研究フォーラム76号 p.1
大学連携事業が継続する条件とは 論文 単著 平成29年 12月 国際教育研究フォーラム77号 pp.1-2
高校生の新たな学び「地域学」 論文 単著 平成30年 3月 国際教育研究フォーラム78号 p.1
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成23年 12月 29日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 学力観の国際的動向-生きる力を中心として-
平成24年 5月 27日 大学教育学会 北海道大学 1999年調査からみた共通/教養教育20年の軌跡
平成24年 10月 27日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 大学における教員養成の役割と養成課程の高度化
平成24年 10月 27日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 岡山県の学力向上に向けて
平成25年 3月 2日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 全国調査からみた共通/教養教育20年の軌跡
平成25年 9月 1日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 これからの教員に求められる資質能力
平成26年 12月 28日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 教育的効果の高い学外体験活動の実践-インターンシップの拡充に向けて-
平成27年 6月 13日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 アクティブ・ラーニングの導入に向けて
平成27年 10月 24日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 学力向上に効果的な学校経営の特徴
平成28年 3月 5日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 リーダー育成教育のあり方に関する歴史的考察(1)-陸軍幼年学校の事例から学ぶこと-
平成28年 5月 28日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 地域を志向した教育プログラムの研究開発
平成28年 11月 11日 岡山理科大学OUSフォーラム 岡山市 高齢者が活躍する留学生オンライン日本語指導システムの開発
平成29年 2月 25日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 国際学習到達度調査(PISA)の結果にみる主要国の動向
平成29年 5月 27日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 オンライン留学生日本語支援システムの経過報告
平成29年 8月 26日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 学校改善と地域力強化につながる教員の働き方改革
平成29年 10月 28日 国際教育研究所定例研究会 倉敷市 全国学力・学習状況調査にみる学力と家庭環境の関連
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
平成22年 〜 平成23年 大学生の就業力育成支援事業 受託 文部科学省
平成24年 〜 平成26年 産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業 受託 文部科学省
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加大学院人間文化研究科長、産業科学技術学部長、学務委員長、教養教育運営委員会、教職・学芸員課程運営委員、教育研究推進委員会、学生生活委員、就職委員、広報委員。
部活動顧問、教育GP支援活動サイクリング同好会顧問、戦略的大学連携支援プログラム「連携拠点『科学Tryアングル岡山』による多角的科学の推進と地域活性化への挑戦」運営委員会副委員長、COC教育部門長。
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座「倉敷と仕事(前期)」「プレゼンテーション論(後期)」授業公開、倉敷みらい講座「若衆・町衆フォーラム」担当(平成29年11月21日)、倉敷みらい講座「若衆・町衆フォーラム」担当(平成28年11月25日)、平成22年~29年度文部科学省教員免許更新講習講師、倉敷みらい講座「親力で子どもが輝く」担当(平成25年7月)
その他学部FD研修会「コモン・ルーブリックの充実に向けて」(平成29年8月24日)、COC2大学合同FD・SD研修会「教育部門の成果と課題」(平成29年8月24日)、FD・SD研修会「教養教育改革のデザイン」(平成26年3月)

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱岡山県立和気閑谷高校・学校評議員、岡山県立倉敷古城池高等学校・学校評議員、岡山県立倉敷南高等学校・学校評議員、岡山県矢掛町立美川小田小学校・学校評議員・コミュニティ・スクール推進委員、岡山県立玉島高等学校SSH運営指導副委員長、岡山理科大学附属高等学校SSH運営指導委員、岡山県高等学校研究協議会・委員、岡山県高等学校研究協議会第一専門委員会・委員長、倉敷市まちづくり基金審査委員会副会長、倉敷市立高等学校教育体制等検討委員会・委員長、岡山県立矢掛高等学校・学校評議員、福武教育文化振興財団委嘱「学力向上アドバイザー」、福武教育文化振興財団教育研究助成審査委員長、岡山県教育委員会平成29年度優良実践校選考委員。
地域貢献活動倉敷ユネスコ協会副会長、「高校生の新たな学び『地域学』」『教育時報』平成30年3月号掲載。倉敷市プレミアム付商品券事業評価、倉敷商工会議所青年部産学連携事業「水島臨海鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト」企画・運営。旺文社『蛍雪時代』「倉敷芸術科学大学 鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト進行中」平成28年11月号掲載。
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座山陽新聞「学力向上、地元定着を」講評(平成30年2月1日朝刊31面)
倉敷中央高等学校「コミュニケーションの取り方」(平成29年12月13日)
「第7回真庭ひとつなぎフォーラム」全体講評(平成29年11月18日)
山陽新聞「教育再考:広がる夏休み短縮」講評(平成29年8月22日朝刊29面)
平成29年度教員免許状更新講習講師(平成29年8月吉備国際大学、倉敷芸術科学大学)
NHK「ニュースもぎたて」にて留学生プラチナ・サポート事業紹介(平成29年5月24日)
山陽新聞「中学48%過労死ライン超」講評(平成29年2月20日朝刊25面)
倉敷市立高等学校協議会講演「平成40年度を目途とする県立高等学校体制の整備について」(平成29年1月27日)
倉敷中央高等学校「高校生のためのプレゼンテーション入門」(平成28年12月13日)
中国新聞「教育再生 学習環境づくり道半ば」講評(平成28年9月28日朝刊27面)
倉敷中央高校「ティーチイン倉敷中央」講師(平成28年8月26日)
岡山理科大学付属高等学校高大連携講義普通科進学総合コース「大学進学に向けて」(平成28年3月9日)
その他大学教育学会・代議員。大学教育学会奨励賞選考委員。日本高等教育評価機構・評価委員。大学基準協会・評価委員。大学教育学会第39回大会(平成29年6月10・11日:広島大学)企画委員。

6. 今後の自己改善目標

教育活動における自己改善目標として、①学生の参画による大学授業の改善、②学外体験活動による人間教育のあり方の模索を掲げた。①に対しては、クリッカー技術の活用による双方向授業の実現をめざして平成20年度後期以降の授業で工夫・改善を重ねている。②に対しては、地域課題の解決に資するCOC科目「地域貢献実践」「若衆実践演習」を平成29年度に新設し、両科目の担当者として学外体験活動を積極的に推進することができた。今後の自己改善目標として、①に関してはクリッカーのより多様な活用方法の模索と導入効果の検証、②に関しては学外体験活動が人間形成に果たす教育的効果の評価方法を検討を改善目標として設定する。一方、研究活動における自己改善目標として、教師の職能成長過程のより緻密な分析検討を掲げていたが、平成25年3月に改訂版『新教職概論(共著)』を出版してこれまでの研究成果をまとめることで区切りをつけることができた。今後は、①教育における原理的考察、②教育の方法と技術、③教育実習の改善・充実、を中心に研究を深化・向上させていきたい。