教員名: 黒田 明雄, Kuroda Akio

1. 基本情報

学位修士(教育学)
職名講師
学歴(最終学歴)昭和58年3月  兵庫教育大学大学院 修 了
職歴(過去のポイントとなる職歴)昭和52年4月 岡山県公立学校教員(平成 9年3月退職)
昭和63年4月 シンガポール 日本人学校(平成3年3月まで)
平成2年4月 シンガポール日本人会広報部 広報部長兼編集長(平成3年3月まで)
所属(学科名)経営情報学科
生年(和歴、年)昭和29年
職歴(現職となった年月)平成14年4月 講師
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成24年度観光地理学、おかやま倉敷学、公民科教育法I・II、トラベル日本語I、トラベル日本語II、トラベル日本語III、日本語コミュニケーション、1年教養ゼミ、3年ゼミ、4年卒業研究
平成25年度観光地理学、おかやま倉敷学、観光特別実習(インターンシップ)、人生と仕事I(前2後2)、公民科教育法I・II、2年教養ゼミ、3年ゼ ミ、4年卒業研究
平成26年度観光地理学、観光特別実習(インターンシップ)、人生と仕事I(前2後2)、公民科教育I・II、2年教養ゼミ、3年ゼミ、4年卒業研究
平成27年度観光特別実習(インターンシップ)、倉敷と仕事(前2後1)、倉敷産業研究、公民科教育I・II、2年教養ゼミ、3年ゼミ、4年卒業研究
平成28年度インターンシップ、倉敷と仕事(前2後1)、倉敷産業研究、公民科教育I・II、2年教養ゼミ、3年ゼミ、4年卒業研究
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー金曜日3時限目及び月~金の昼休み
リメディアル教育
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)大学COC事業「倉敷と仕事」において、グループ活動によるアクティブラーニング、ルーブリック評価を導入し、受講生の声をもとに授業の充実を図っている。3年ゼミでは米国フィンドリー大学留学中のゼミ生とスカイプを使って情報交流をおこなった。
作成した教科書、教材、参考書
教育方法・教育実践に関する発表、講演等大学COC事業の必修科目「倉敷と仕事」の担当者として、中間発表会(11月25日ヘルスピア倉敷)で授業の成果と課題について報告した。
その他教育活動上特記すべき事項大学COC事業「倉敷と仕事」の教育目的のダイジェスト版DVD6巻の作製に関わった。一人ひとりの学生の覚醒と潜在能力を伸ばすことを考えて支援・指導に努めている。担当する授業の受講生やゼミ生を支援するために、学生が研究室を訪れた際には可能な限り話を聞くことを心がけている。インターンシップ及び倉敷産業研究の担当者として、企業や授業にかかわる講師との対応、調整をおこない学生の受講満足度の向上に努めている。

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野総合人文社会/社会科学
分科観光学/教育学
細目名観光学/教科教育
研究テーママレーシアを中心としたアジア諸国の長期滞在に関するインフラ研究、国内ロングステイと地域創生、国内ロングステイと長期滞在施設
キーワードロングツーリズム/社会科教育 国際理解教育
所属学会長期滞在型・ロングステイ観光学会、ロングステイ財団会員、社会系教科教育学会、鳴門社会科教育学会、日本国際理解教育学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
マレーシアのロングステイ事情 -現地調査 2009 ・ 2010 を踏まえ て- 論文 単著 平成23年 3月 倉敷芸術科 学大学紀要 16 号 pp.179- 195
マレーシア・ロングステイに伴 うペットの輸出入手続きと諸問 題 論文 単著 平成24年 3月 倉敷芸術科 学大学紀要 17 号 pp.175- 188
マレーシア・ジョホールバルに おけるMM2Hビザ取得件数増 加の要因と生活インフラ事情 論文 単著 平成25年 3月 倉敷芸術科 学大学紀要 18 号 pp.135- 153
マレーシア・イポーのロングス テイ事情 - 2013 年8月現地調査 をもとに- 論文 単著 平成26年 3月 倉敷芸術科 学大学紀要 19 号 pp.165- 177
スリランカ・コロンボのロングステイ事情 論文 単著 平成27年 3月 倉敷芸術科 学大学紀要 20 号 pp.147- 159
国内ロングステイの現状と課題 -国内長期滞在施設の事例ー 論文 単著 平成28年 3月 倉敷芸術科 学大学紀要 21 号 pp.141- 154
北海道「ちょっと暮らし」に関する一考察 -国内ロングステイ普及の視点から- 論文 単著 平成29年 3月 倉敷芸術科 学大学紀要 22 号 pp.91-103
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成25年 11月 2日 〜 不明 ロングステイフェア 2013 東京ビッグサイト 相談
平成25年 11月 30日 〜 不明 倉敷みらい講座:ロングステイ 倉敷物語館 講演 その他
平成26年 11月 23日 〜 不明 マレーシアロングステイセミナー コンベックス岡山 相談 その他
平成26年 11月 29日 〜 不明 ロングステイフェア 2014 東京ビッグサイト 相談 その他
平成27年 11月 21日 〜 不明 ロングステイフェア 2015 東京ビッグサイト 相談 その他
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
 
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加平成28年度入試広報部次長として、外国人入学試験要項の作成、センター入試(ヒヤリング)、大学ポートレート等の業務を担当した。
部活動顧問、教育GP支援活動
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座授業公開(倉敷と仕事) 公開講座(倉敷産業研究)
その他大学COC事業科目「倉敷と仕事」経営情報学科「インターンシップ」経営情報学科「倉敷産業研究」の担当者として、学外講師や企業との間のコーディネート役を務めている。特に「倉敷と仕事」教育DVDの製作においては、調整面校正面で相当の時間を費やした。国内ロングステイ研究の一環として、鳥取県智頭町の長期滞在施設調査(7月22日~23日)、北海道フェアちょっと暮らしインタビュー調査(大阪10月9日)、長野県湯田中の冬期長期滞在施設調査(3月2日~7日)を実施した。

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱ロングステイ財団登録講師&アドバイザー RCA海外留学アドバイザー
地域貢献活動ロングステイ講師&アドバイザーとして日常の相談活動
長期滞在に関する情報提供
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座
その他

6. 前回の自己改善目標を踏まえた今後の自己改善目標

 大学COC事業1年次必修科目「倉敷と仕事」の担当者として、授業の充実を図るべくさまざまな場面で時間を費やした。地域を担う人材の育成目指した「くらしき若衆」として認定される学生の資質向上のために努力したい。学生の覚醒と潜在能力を伸ばすために、きめ細かな支援と指導を心がけたい。