教員名: 佐藤 恒夫, Sato Tsuneo

1. 基本情報

学位理学博士
職名教授
学歴(最終学歴)昭和55年3月 名古屋大学大学院理学研究科 満期退学
職歴(過去のポイントとなる職歴)
所属(学科名)生命科学科
生年(和歴、年)昭和27年
職歴(現職となった年月)
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成24年度基礎化学I,基礎化学II、環境科学概論、グリーンケミストリー入門、基礎演習I、基礎演習II、特別演習I、特別演習II、特別演習III、特別演習IV、生命科学基礎実験、卒業研究、院)有機反応化学特論、院)機能物質化学特別研究、院)物質デザイン化学特別研究、院)物質デザイン化学ゼミナール
平成25年度基礎化学I,基礎化学II、環境科学概論、グリーンケミストリー入門、基礎演習I、基礎演習II、特別演習I、特別演習II、特別演習III、特別演習IV、生命科学基礎実験、卒業研究、院)機能物質化学ゼミナール、院)機能物質化学特別研究、院)物質デザイン化学特別研究、院)物質デザイン化学ゼミナール
平成26年度基礎化学I,基礎化学II、環境科学概論、グリーンケミストリー入門、コンピュータリテラシ、基礎演習I、基礎演習II、特別演習I、特別演習II、特別演習III、特別演習IV、生命科学ゼミナール I、生命科学基礎実験、卒業研究、院)有機反応化学特論、院)機能物質化学ゼミナール、院)機能物質化学特別研究、院)物質デザイン化学特別研究、院)物質デザイン化学ゼミナール
平成28年度化学、基礎化学 I,基礎化学 II、環境科学概論、グリーンケミストリー入門、基礎演習 I、基礎演習 II、特別演習 I、特別演習 II、特別演習 III、特別演習 IV、生命科学ゼミナール I、生命科学ゼミナール II、生命科学ゼミナール III、生命科学ゼミナールIV、生命科学基礎実験、卒業研究、院)有機反応化学特論、院)機能物質化学ゼミナール、院)機能物質化学特別研究、院)物質デザイン化学特別研究、院)物質デザイン化学ゼミナール
平成29年度基本化学、化学、基礎化学 I,基礎化学 II、環境科学概論、グリーンケミストリー入門、基礎演習 I、基礎演習 II、特別演習 I、特別演習 II、特別演習 III、特別演習 IV、生命科学ゼミナール I、生命科学ゼミナール II、生命科学ゼミナール III、生命科学ゼミナールIV、生命科学基礎実験、卒業研究、院)機能物質化学ゼミナール、院)機能物質化学特別研究、院)物質デザイン化学特別研究、院)物質デザイン化学ゼミナール
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー前期・後期とも金曜日の2時限目
リメディアル教育特になし
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)各授業科目共、学期内に2回の小テストと課題のレポート提出を行い、学生の学習をサポートする。授業アンケート結果を参考にして、学生にとって役に立つ講義になるように努める。
作成した教科書、教材、参考書化学、基礎化学 I や基礎化学 II では、章末問題の解答集を作成した。また、環境科学概論とグリーンケミストリー入門では、教材を作成した。これらをそれぞれ綴じたファイルを作り、受講学生に貸与した。
教育方法・教育実践に関する発表、講演等特になし
その他教育活動上特記すべき事項特になし

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野化学
分科基礎化学
細目名有機化学
研究テーマ環境に調和適合した新しい有機合成反応の開発
キーワード反応有機化学、合成有機化学、有機元素化学
所属学会日本化学会、有機合成化学協会、近畿化学協会、日本グリーンケミストリー研究会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
Cerium(III)trifluoromethanesulfonate in electronic encyclopedia of reagentsfor organic synthesis 著書 単著 平成22年 10月 online
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成22年 11月 6日 〜 平成22年 11月 7日 2010年日本化学会西日本大会 熊本大学黒髪南キャンパス セリウム(III)トリフラートで触媒されるアルデヒドとケトンの環状アセタール化 学会
平成24年 11月 10日 〜 平成24年 11月 11日 2012年日本化学会西日本大会 佐賀大学本庄キャンパス b-ケトアミドのケトン基の効果的な Wittig メチレン化 学会
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
 
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加生命科学部学部長、産業科学技術研究科長、学部長等会議委員、大学協議会委員、衛生委員会委員、学生生活委員会委員長、教育推進委員会委員、自己評価委員会委員、留学生会議委員、、入試委員会委員、広報委員会委員、大学院委員会委員長、学務委員会委員、就職委員会委員、将来計画委員会委員、人事委員会委員、予算委員会委員、教育・環境整備委員会委員、人権委員会委員、個人情報保護委員会委員、ハラスメント対策委員会委員、水質保全および危険物管理委員会委員長、動物実験委員会委員長、倫理審査委員会委員長、遺伝子組換え実験安全委員会委員長、分科会省エネルギー推進委員会委員、入学委員会委員、エックス線安全委員会委員長、危険物保安監督者、防災対策委員会委員
部活動顧問、教育GP支援活動特になし
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座特になし
その他特になし

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱特になし
地域貢献活動特になし
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座特になし
その他特になし

6. 前回の自己改善目標を踏まえた今後の自己改善目標

これまでと同様に、出来る限り多くの学生に化学の楽しさを伝えることを自己改善目標に挙げ、それを実現するために基本化学、化学、基礎化学 I、基礎化学 II、環境科学概論、グリーンケミストリー入門の6つの授業科目において、学生のレベルを十分に把握し、丁寧な講義を実施して、受講学生が出来るだけ満足できるようにしたい。