教員名: 大杉 忠則, Ohsugi Tadanori

1. 基本情報

学位博士(工学)
職名准教授
学歴(最終学歴)
職歴(過去のポイントとなる職歴)平成15年4月 倉敷芸術科学大学 助手
平成22年4月 倉敷芸術科学大学 助教
所属(学科名)生命科学科
生年(和歴、年)昭和52年
職歴(現職となった年月)平成26年4月 倉敷芸術科学大学 講師
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成23年度生化学、基礎分子生物学、基礎化学実験、環境生命化学実験、人生と仕事Ⅰ
平成24年度生化学、基礎分子生物学、基礎化学実験、環境生命化学実験、人生と仕事Ⅰ
平成25年度生化学、基礎分子生物学、香りの機能学、基礎化学実験、環境生命化学実験、人生と仕事Ⅰ
平成26年度生化学、基礎分子生物学、香りの機能学、基礎化学実験、環境生命化学実験、香料学実験、コンピュータリテラシ、人生と仕事Ⅰ
平成27年度生化学、基礎分子生物学、香りの機能学、生命科学基礎実験、基礎化学実験、環境生命化学実験、香料学実験、コンピュータリテラシ、卒業研究、生命科学ゼミナールⅠ、生命科学ゼミナールⅡ、生命科学ゼミナールⅢ、生命科学ゼミナールⅣ、特別演習Ⅳ、院)機能物質化学ゼミナール
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー金曜3時限目
リメディアル教育
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)講義での確認テスト、授業アンケートの結果を参考に、理解力向上に努めた。
作成した教科書、教材、参考書特になし
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
その他教育活動上特記すべき事項東日本被災地視察を実施、学生と共に被災地の現状について情報収集を行った。
清酒製造免許を取得、日本酒製造をとおしてして発酵について学ばせる。

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野農学
分科農芸化学
細目名食品科学
研究テーマ食用微生物由来の生理活性物質の研究
キーワード食品機能、細胞機能調節物質、発酵生産
所属学会国際血栓止血学会(ISTH)、日本生物工学会、日本機能性食品医用学会、日本家政学会、日本洞窟学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
納豆菌と枯草菌の違いはナットウキナーゼ分子の有無で判別可能 論文 共著 平成21年 7月 薬理と臨床,19巻4号 須見洋行,大杉忠則,矢田貝智恵子,内藤佐和,丸山眞杉,斎藤丈介
ナットウキナーゼの国際単位に(IU)による力価検定法 論文 共著 平成22年 3月 Food Style21, 14巻3号 須見洋行,内藤佐和,矢田貝智恵子,大杉忠則,柳澤泰任,丸山眞杉
Purification, crystallization andpreliminary X-ray diffractionexperiment of nattokinase fromBacillus subtilis natto 論文 共著 平成22年 11月 ActaCrystallogrSect FStruct BiolCrystCommun.,F66 Y.Yanagisawa, T.Chatake,K.Chiba-Kamoshida,S.Naito,T.Ohsugi,H.Sumi,I.Yasuda andY.Morimoto
納豆酵素の強力な血栓溶解能:ナットウキナーゼが有する基質特性について 論文 共著 平成23年 1月 New FoodIndustry,53巻1号 須見洋行,内藤佐和,矢田貝智恵子,吉田悦男,大杉忠則,柳澤泰任,丸山眞杉,笹沼隆史 33-38
納豆菌が持つ特殊酵素「ナットウキナーゼ」:その力価と特長 論文 共著 平成23年 1月 日本醸造協会誌,106巻1号 須見洋行,大杉忠則,内藤佐和,矢田貝智恵子 28-32
The effects of dipicolinic acid onthe thrombolytic activity ofhuman cells 論文 共著 平成23年 3月 J. FoodBiochem.,Vol.35 T. Ohsugiand H. Sumi
ナットウキナーゼの強力なエラスチン分解活性,およびエラスタチナールによる阻害 論文 共著 平成24年 1月 New FoodIndustry,54巻1号 須見洋行,内藤佐和,鈴木理恵,斎藤丈介,チャンリャンリャン,矢田貝智恵子,大杉忠則,吉田悦男,柳澤泰任,丸山眞杉
ナットウキナーゼによる血流改善作用と冷え症への可能性 論文 共著 平成24年 11月 Food Style21,16巻11号 須見洋行,内藤佐和,矢田貝智恵子,大杉忠則,吉田悦男,柳沢泰任,丸山眞杉
Effect of a novel substance fromnatto on tissue-typeplasminogen activator(t-PA)release in perfused rat hindlegs 論文 共著 平成25年 2月 Open FoodSci.J., Vol.7 T. Ohsugi, E.Sumida andH. Sumi
納豆菌(Bacillus subtilisnatto)によって生産される機能性物質ジピコリン酸および新規機能成分の研究 論文 単著 平成25年 3月 倉敷芸術科学大学 博士論文
紅麹が有する強力な血栓溶解活性―新しい基質特異性とその応用面について― 論文 共著 平成25年 4月 New FoodIndustry,55巻3号 須見洋行,内藤佐和,矢田貝智恵子,大杉忠則,柳沢泰任,岡田幸子,今井雅敏,丸山眞杉
納豆が有するt-PA産生能―心筋梗塞,脳血栓の治療薬および中枢神経系における可能性― 論文 共著 平成25年 8月 New FoodIndustry,55巻8号 須見洋行,内藤佐和,矢田貝智恵子,大杉忠則,柳澤泰任,今井雅敏,丸山眞杉 11‐15
X-ray structure determinationand deuteration of nattokinase 論文 共著 平成25年 11月 J.SynhrotronRad.,Vol.20 Y.Yanagisawa,T. Chatake,S. Naito, T.Ohsugi,C.Yatagai, H.Sumi, A.Kawaguchi,K. Chiba-Kamoshida,M. Ogawa, T.Adachi and Y.Morimoto
ビーポーレン,ローヤルゼリーのBacillus subtilis nattoによる発酵―循環改善,骨疾患予防剤の開発― 論文 共著 平成26年 3月 New FoodIndustry,56巻3号 須見洋行,今井雅敏,内藤佐和,矢田貝智恵子,大杉忠則,柳澤泰任,吉田悦男,丸山眞杉
Functional components ofunsalted fermentation soybeanNattokinase, vitamin K2 andpolyamine 論文 共著 平成26年 4月 J. TempehSoc. Jpn.,Vol.10 M. Serata, T.Ohsugi, K.Yoshida, M.Imai,Maruyamaand H. Sumi
外国産チーズに含まれるアミン類 論文 共著 平成27年 2月 New FoodIndustry,57巻2号 須見洋行,永田祥平,瀬良田充,大杉忠則,内藤佐和,矢田貝智恵子
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成22年 5月 28日 〜 平成22年 5月 30日 日本家政学会第62回大会 広島 大豆発行物中に見られるt-PA放出作用 学会
平成22年 8月 11日 〜 平成22年 8月 12日 Bioactive Okayama 2010 Okayama A new potency assay method ofnattokinase by international unit 学会
平成22年 8月 24日 〜 平成22年 8月 28日 20th International Society forFibrinolysis and Proteolysis Amsterdam, Netherlands Zedoary (curcuma zedoaria roscoe)inhibits platelet aggregation andgenerates t-PA 学会
平成22年 8月 24日 〜 平成22年 8月 28日 20th International Society forFibrinolysis and Proteolysis Amsterdam, Netherlands Effect of natto on tissueplasminogen activator release inperfused rat hindlegs 学会
平成23年 7月 9日 〜 平成23年 7月 13日 XIIIth International Workshopon Molecular & CellularBiology of Plasminogen Cambridge, UK Nattokinase derived from Bacillussubtilis natto promoted t-PArelease from human cells 学会
平成23年 7月 13日 〜 平成23年 7月 16日 XI Asian Congress of Nutrition Singapore A thrombolytic enzyme nattokinasein natto, a traditional fermentedsoybean food in Japan 学会
平成23年 7月 23日 〜 平成23年 7月 29日 XXIII Congress of theInternational Society onThrombosis and Haemostasis Kyoto Specificity and ImmunochemicalProperties of Nattokinase 学会
平成23年 9月 1日 第16回岡山リサーチパーク研究・展示発表会 岡山 食用プロテアーゼのもつセルロース分解作用 その他
平成23年 10月 8日 〜 平成23年 10月 9日 日本家政学会中国・四国支部研究発表会 徳島 納豆が持つエラスチン分解酵素ナットウキナーゼ 学会
平成23年 10月 8日 〜 平成23年 10月 9日 日本家政学会中国・四国支部研究発表会 徳島 キノコ揮発成分の血小板凝集阻害活性,および血液凝固-線溶系への影響 学会
平成23年 12月 10日 〜 平成23年 12月 11日 第9回日本機能性食品医用学会総会 大阪 納豆菌によって生産されるナットウキナーゼ以外の血栓溶解関連物質 学会
平成24年 9月 2日 〜 平成24年 9月 7日 Polyamines:Biological andClinical Perspectives Istanbul, Turkey A typical fermented food tempehwith high polyamine content andnew functionality 学会
平成24年 9月 10日 第17回岡山リサーチパーク研究・展示発表会 岡山 Warfarin投与を可能とする納豆の商品化
平成24年 9月 10日 第17回岡山リサーチパーク研究・展示発表会 岡山 納豆菌由来のセルロース分解酵素を利用した機能性物質産生 その他
平成24年 9月 13日 〜 平成24年 9月 14日 Bioactive Okayama 2012 Okayama Anti-platelet aggregation activityobserved in Awamori and Shochu(Honkaku Shochu) 学会
平成24年 9月 13日 〜 平成24年 9月 14日 Bioactive Okayama 2012 Okayama Elastase activity proved in highlypurified nattokinase 学会
平成24年 9月 13日 〜 平成24年 9月 14日 Bioactive Okayama 2012 Okayama Polyamine-rich food – Natto andBacillus subtilis natto 学会
平成24年 12月 15日 〜 平成24年 12月 16日 第10回日本機能性食品医用学会総会 東京 発酵食品醤油に由来する血栓溶解作用 学会
平成25年 6月 29日 〜 平成25年 7月 4日 XXIV Congress of theInternational Society onThrombosis and Haemostasis Amsterdam, Netherlands Functional constituents in Natto:nattokinase, vitamin K2 andpolyamine contents 学会
平成25年 9月 18日 〜 平成25年 9月 20日 日本生物工学会2013年大会 広島 納豆菌由来のセルロース分解酵素を利用したメラニン合成阻害 学会
平成25年 11月 25日 OUSフォーラム2013 岡山 醤油中に存在するフィブリン溶解酵素の特性 その他
平成26年 7月 6日 〜 平成26年 7月 9日 22nd International Congress onFibrinolysis & Proteolysis Marseille, France Specificity of fibrinolytic enzymenattokinase: Evaluation of the“True” Natto 学会
平成26年 7月 6日 〜 平成26年 7月 9日 22nd International Congress onFibrinolysis & Proteolysis Marseille, France Shochu and Brandy increased t-PArelease from human endothelial cellsand inhibited platelet aggregation 学会
平成26年 7月 12日 平成26年度日本テンペ研究会大会 女子栄養大学,埼玉 著しく高いテンペ菌体中の長寿因子ポリアミン 学会
平成26年 10月 23日 おかやまバイオアクティブ研究会第46回シンポジウム 倉敷芸術科学大学ヘルスピア倉敷 納豆菌胞子に含まれる機能性物質ジピコリン酸 その他
平成26年 10月 23日 〜 不明 おかやまバイオアクティブ研究会第46回シンポジウム 倉敷芸術科学大学ヘルスピア倉敷 木村式自然栽培農地からの清酒酵母分離 その他
平成26年 12月 13日 第12回日本機能性食品医用学会総会 国立京都国際会館 発酵食品醤油に存在する血栓溶解酵素 学会
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
平成22年 4月 〜 平成23年 3月 伝統発酵食品醤油に含まれる血栓溶解関連成分の研究 300,000 円 受託
平成24年 4月 〜 平成25年 3月 ソフトバイオマス米糠を利用したセルラーゼおよび機能性物質の生産 390,000 円 受託
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加学務委員
部活動顧問、教育GP支援活動
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座12月 第9回倉敷みらい講座「実践して育む食事の備え」開催
その他

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱おかやまバイオアクティブ研究会 役員
地域貢献活動
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座
その他洞窟救助隊(CRT) 隊員
山陽新聞 地の散歩道 寄稿(4回)

6. 前回の自己改善目標を踏まえた今後の自己改善目標