教員名: 泉 礼司, Izumi Reishi

1. 基本情報

学位博士(保健学)
職名教授
学歴(最終学歴)平成24年 3月 岡山大学大学院保健学研究科 保健学専攻 検査技術科学分野博士後期課程
職歴(過去のポイントとなる職歴)平成19年 4月 川崎医療短期大学 臨床検査科 講師
平成21年 4月 川崎医科大学附属病院 中央検査部 技師長補佐
所属(学科名)生命医科学科
生年(和歴、年)昭和35年
職歴(現職となった年月)平成27年 4月 倉敷芸術科学大学 生命科学部  生命医科学科 教授
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成29年度検査機器論、臨床生理学Ⅰ、臨床生理学Ⅱ、臨床生理学Ⅲ、臨床病理学、臨床検査学特論Ⅰ、臨床検査学特論Ⅱ、臨床検査学特論Ⅲ、臨床検査学特論Ⅳ、  生理学実習、臨床生理学実習、検査総論実習、生命社会科学概論、卒業研究,医療安全管理学、医療安全管理学実習 院)神経科学特論Ⅰ、院)神経科学特論Ⅱ、院)特別講義Ⅴ、院)分子細胞病理学ゼミナールⅠ、院)分子細胞病理学ゼミナールⅠ
平成30年度検査機器論、臨床生理学Ⅰ、臨床生理学Ⅱ、臨床生理学Ⅲ、臨床病理学、臨床検査学特論Ⅰ、臨床検査学特論Ⅱ、臨床検査学特論Ⅲ、臨床検査学特論Ⅳ、生理学実習、臨床生理学実習、臨床検査総論実習、生命社会科学概論、卒業研究,医療安全管理学、医療安全管理学実習 院)神経科学特論Ⅰ、院)神経科学特論Ⅱ、院)特別講義Ⅴ、院)分子細胞病理学ゼミナールⅠ、院)分子細胞病理学ゼミナールⅠ、院)機能物質化学特別研究
令和元年度検査機器論、臨床生理学Ⅰ、臨床生理学Ⅱ、臨床生理学Ⅲ、臨床病理学、臨床検査学特論Ⅰ、臨床検査学特論Ⅱ、臨床検査学演習Ⅰ、臨床検査学演習Ⅱ、生理学実習、臨床生理学実習、臨床検査総論実習、生命社会科学概論、卒業研究,医療安全管理学、医療安全管理学実習 院)神経科学特論Ⅰ、院)神経科学特論Ⅱ、院)特別講義Ⅴ、院)分子細胞病理学ゼミナールⅠ、院)分子細胞病理学ゼミナールⅠ、院)機能物質化学特別研究
令和2年度検査機器論、臨床生理学Ⅰ、臨床生理学Ⅱ、臨床生理学Ⅲ、臨床病理学、臨床検査学特論Ⅰ、臨床検査学特論Ⅱ、臨床検査学演習Ⅰ、臨床検査学演習Ⅱ、生理学実習、臨床生理学実習、生命社会科学概論、卒業研究,医療安全管理学、医療安全管理学実習 院)神経科学特論Ⅰ、院)神経科学特論Ⅱ、院)特別講義Ⅴ、院)分子細胞病理学ゼミナールⅠ、院)分子細胞病理学ゼミナールⅠ、院)機能物質化学特別研究
令和3年度臨床生理学Ⅰ、臨床生理学Ⅱ、臨床生理学Ⅲ、臨床病理学、臨床検査学特論Ⅰ、臨床検査学特論Ⅱ、臨床検査学演習Ⅰ、臨床検査学演習Ⅱ、生理学実習、臨床生理学実習、生命社会科学概論、卒業研究,医療安全管理学、医療安全管理学実習、検査機器論、 院)神経科学特論Ⅰ、院)神経科学特論Ⅱ、院)特別講義Ⅴ、院)分子細胞病理学ゼミナールⅠ、院)分子細胞病理学ゼミナールⅠ、院)機能物質化学特別研究
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー金曜日 13:10-15:40
リメディアル教育特になし
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)授業・実習においてアクティブラーニングの導入、個別指導、学生による症例説明、質問形式、グループ議論や座学にも機器を使用しての体験する授業等学生が主体的に取り組めるような活動を多く導入する.
4年生ゼミ教育としては、卒後臨床の即戦力なりえる、超音波・心電図検査に秀でた人材教育.
作成した教科書、教材、参考書大動脈弁狭窄症の評価法とその注意点(日本超音波検査学会 ビデオライブラリー)
教育方法・教育実践に関する発表、講演等オープンキャンパス参画:体験実習:生理機能検査体験
その他教育活動上特記すべき事項岡山理科大学、千葉科学大学共同、臨床検査技師国家試験対策
国家試験直前集中対策講義

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野臨床生理学
分科循環呼吸生理学
細目名循環器
研究テーマ連続ドプラ法を用いた僧帽弁逆流定量法の評価、連続ドプラ法を用いた大動脈弁逆流定量法の評価、心尖部肥大型心筋症における心室瘤合併例の心電図変化について
キーワード心電図、心エコー図、超音波,ドプラ法、 、心臓弁膜症、自律神経検査
所属学会日本臨床衛生検査技師学会、日本不整脈心電学会、心エコー図学会、超音波検査学会、日本臨床検査学教育学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
Distribution pattern of urinealbumin creatinine ratio andtheprevalence of high-normallevels in untreatedasymptomatic non-diabetichypertensive patients 論文 共著 平成22年 10月 IntenMed.201150(16) DaimaruN.Nakatsu T, Mashima K, HirohataS,Ikeda S, Kusachi S P1621-1629
Olmesartan reduces arterialstiffness and serum adipocytefatty acid-binding protein inhypertensive patients 論文 共著 平成22年 11月 HeartVessels.2011 26 Miyoshi T,Doi M,Hirohata S,Kamikawa S,Usui S,Ogawa H,Sakane K P408-413
Automatic Computerized 12-lead ElectrocardiographyContributes Significantly toDetection of Left VentricularHypertrophy in Japanese Patients 論文 共著 平成23年 3月 TheJournal ofInternational MedicalResearch2011 39(1) Sinohata R,Ohmaru N,Kitawaki T,Usui S, IkedaS, Kusachi S P51-63
Effect of Cilnidipine on Normalto Marginally Elevated UrineAlbumin-Creatinine Ratio inAsymptomatic Non-DiabeticHypertensive Patients: AnExponential Decay CurveAnalysis 論文 共著 平成23年 8月 ClinicalDrugInvestigation.2010 : 30(10) Nakatsu, T, Toyonaga S, Mashima K, Yuki Y, Nishitani A, Ogawa H, Miyoshi T, Hirohata S P699-706
心エコー・神経超音波でみる脳梗塞診断マニュアル 著書 共著 平成25年 3月 心エコー・神経超音波でみる脳梗塞診断マニュアル 吉田清、他 P.24-27、38-40、152-156
JMT 技術教本シリーズ 循環機能検査技術教本 著書 共著 平成27年 8月 株式会社 じほう 泉 礼司、内田 文也、富原 健他 P.133-142,224-232
JMT 技術教本シリーズ 循環機能検査 症例集 著書 共著 平成30年 1月 株式会社 じほう 泉 礼司、内田 文也、富原 健他 P.149-166,178-181
左室拡張能評価法とその注意点 作品 共著 平成30年 3月 日本超音波検査学会 超音波ビデオライブラリー 泉礼司、岡庭 裕貴,酒巻 文子,髙橋 秀一,田中 教雄,種村 正,筑地日出文,戸出 浩之,中島 英樹,西尾 進 循環器領域
虚血性心疾患 作品 共著 平成31年 3月 日本超音波検査学会 超音波ビデオライブラリー 岡庭 裕貴,酒巻 文子,松谷 勇人,種村 正,泉 礼司,中島 英樹,西尾 進 循環器領域
虚血性心疾患を心電図で読む T波の変化 論文 共著 令和元年 10月 Medical Technology  第47巻 第10号  泉 礼司 991-1001
僧帽弁狭窄症の評価とその注意点 作品 共著 令和2年 3月 日本超音波検査学会 超音波ビデオライブラリー 渡邊 伸吾, 岡庭 裕貴,加賀早苗,杉本邦彦,種村 正,中島 英樹,西尾 進、高橋修一、泉 礼司 循環器領域
僧帽弁閉鎖不全症の評価とその注意点 作品 共著 令和2年 3月 日本超音波検査学会 超音波ビデオライブラリー 岡庭 裕貴,加賀早苗,杉本邦彦,種村 正,中島 英樹,西尾 進、高橋修一、渡邊 伸吾,泉 礼司 循環器領域
大動脈弁狭窄症の評価法とその注意点 作品 共著 令和3年 1月 日本超音波検査学会 超音波ビデオライブラリー 岡庭 裕貴,加賀早苗,杉本邦彦,種村 正,中島 英樹,西尾 進、高橋修一、渡邊 伸吾,泉 礼司 循環器領域
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成24年 2月 12日 〜 平成24年 2月 12日 第16回日本超音波検査学会関西地方会 奈良市、なら100 年会館 弁逆流評価 学会
平成24年 9月 23日 〜 平成24年 9月 23日 島根県生理機能検査研修会 松江市、松江赤十字病院 臨床にいかす心電図のこつ その他
平成24年 10月 21日 〜 平成24年 10月 21日 平成24年度岡山県臨床検査精度管理調査速報会 倉敷市、川崎医療短期大学 生理検査における標準化のこころみ-心エコー図検査- その他
平成24年 10月 28日 〜 平成24年 10月 28日 第115回医用超音波講義講習会 博多市、福岡国際会議場 虚血性心疾患の判読ポイントと冠血流のみかた その他
平成25年 3月 2日 〜 平成25年 4月 2日 ECHO AWAJI 2013 淡路市、兵庫県立淡路夢舞台国際会議場 心エコー図 スタートアップ、スキルアップ その他
平成25年 9月 1日 〜 平成25年 9月 1日 鳥取県生理検査部門研修会 鳥取市、伯耆しあわせの郷 虚血性心疾患の心電図判読と鑑別を要するST変化 その他
平成25年 11月 9日 〜 平成25年 11月 9日 第46回中国四国支部医学検査学会 広島市 経食道エコーを知る:僧帽弁疾患 学会
平成26年 3月 2日 〜 平成26年 3月 2日 第27回 中部圏支部 生理検査研修会 岐阜市 心筋疾患~ 虚血性心疾患の心電図判読 と 鑑別を要するST-T変化を中心に ~ その他
平成27年 11月 7日 〜 平成27年 11月 8日 平成27年度 日本臨床衛生検査技師会 中四国支部医学検査学会 米子コンベンションセンター 特別企画 超音波ミニレクチャー &ハンズオン 学会
平成27年 11月 22日 〜 平成27年 11月 22日 JSS中国第19回地方会学術集会 岡山コンベンションセンター 医用超音波照射による生体組織への影響 学会
平成27年 12月 5日 〜 平成27年 12月 5日 平成27年度 国立病院機構 中国四国グループ内臨床検査技師実習技能研修会 国立病院機構 岡山医療センター 目指せ!エキスパート!! 心臓領域:虚血性心疾患編 その他
平成27年 12月 19日 〜 平成27年 12月 19日 第127回医用超音波講義講習会 大阪国際会議場 定量評価のポイントを理解する(逆流病変、短絡疾患) その他
平成28年 10月 2日 〜 平成28年 10月 2日 JSS中国 第21回地方会研修会 米子コンベンションセンター・ビックシップ 教育講演 弁膜疾患 学会
平成28年 11月 26日 〜 平成28年 11月 27日 平成28年度日本臨床衛生検査技師会中四国支部医学検査学会(第49回) 高知市文化プラザかるぽーと シンポジウムⅠ.生理部門 心電図 学会
平成29年 2月 15日 〜 平成29年 2月 15日 岡山県臨床衛生検査技師会 玉野地区講演会 玉野市総合保健福祉センター あなたもできる心電図判読 見逃してはいけない所見 その他
平成29年 8月 20日 〜 平成29年 8月 20日 鳥取県臨床衛生検査技師会 生理機能検査部門研修会 鳥取市立病院看護学生実習棟 2階研修室 心臓超音波検査 レポートの書き方
~依頼内容別に検査のポイントレポートの書き方
その他
平成30年 11月 3日 〜 平成30年 11月 3日 高知県臨床検査技師会 学術研修会 高知大学医学部実習棟3階 第一講義室 技の伝承~次世代へつなぐ生理検査~
 心電図検査
その他
平成31年 3月 2日 〜 平成31年 3月 2日 岡山心血管超音波研究会 国立岡山医療センター 大動脈弁狭窄症 その他
平成31年 4月 27日 〜 平成31年 4月 29日 第44回日本超音波検査学会学術集会 横浜国際平和会議場 連続ドプラ輝度解析を用いた 僧帽弁逆流重症度評価の有用性 学会
令和元年 11月 30日 〜 令和元年 12月 1日 ECHO AWAJI CV IMAGING 2019 兵庫県立淡路夢舞台国際会議場 心エコー ハンズオンセミナー 心機能(収縮能/拡張能) 学会
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
平成24年 2月 〜 平成24年 2月 12誘導心電図自動計測を用いた左室肥大診断について 500,000 円 受託
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内での活動)

役職、各種委員会参加健康支援センター センター長
就職委員会、衛生委員会、学生生活委員会、入学委員会等
部活動顧問、教育GP支援活動
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座臨床検査学特論授業公開、オープンキャンパス 体験実習
その他

5. 学外活動(主に学外での活動)

外部委員の委嘱日本超音波検査学会 代議員、循環器専門委員会委員、編集委員、地方会委員、岡山心血管超音波研究会世話人、日本臨床衛生検査学会 査読委員、日本臨床検査学教育学会 生理部門分科会副会長
地域貢献活動
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座
その他広島県高校訪問、広島、高知、倉敷実習病院訪問

6. 今後の自己改善目標

全学科内教員による徹底的な国家試験直前対策講義により、臨床検査技師国家試験合格率は98%と改善した。更なる内容と期間の検討を行い、100%合格を目指す。4年生ゼミ教育としては、卒後臨床の即戦力なりえる、超音波・心電図検査に秀でた人材教育に勤めたい。健康支援センターセンタ-長として、コロナ禍、職員、学生の精神的な部分も含めた健康管理、障がい学生支援、大学の健全な運営に積極的に寄与したい。
ページ先頭へ ▲