教員名: 神田 鉄平, Kanda Teppei

1. 基本情報

学位博士(獣医学)
職名准教授
学歴(最終学歴)平成20年3月 山口大学大学院連合獣医学研究科博士課程 修了
職歴(過去のポイントとなる職歴)平成20年4月 倉敷芸術科学大学 助教
所属(学科名)動物生命科学科
生年(和歴、年)昭和54年
職歴(現職となった年月)平成23年4月 倉敷芸術科学大学 准教授
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成25年度院)麻酔健康管理研究、動物機能形態学III、基礎動物看護技術学I、科学英語、医療器具管理学、臨床検査論実習I(分担)、臨床検査論実習II(分担)、臨床動物看護学(分担)、内科看護学実習、外科看護学実習(分担)、卒業研究
平成26年度院)麻酔健康管理研究、動物機能形態学III、基礎動物看護技術学I、科学英語、医療器具管理学、動物臨床検査学実習I(分担)、動物臨床検査学II(分担)、動物臨床検査学実習II(分担)、臨床実習III(分担)、臨床動物看護学(分担)、内科看護学実習、外科学看護学実習(分担)、卒業研究
平成27年度院)麻酔健康管理研究、動物機能形態学III、基礎動物看護技術学I、動物臨床検査学(分担)、動物臨床検査学II(分担) 、動物臨床検査学実習II(分担) 、臨床動物看護技術学(分担)、臨床動物看護技術学実習(分担)、臨床動物看護学演習I、外科動物看護学実習(分担)、動物栄養管理学実習、臨床動物看護学各論III、臨床実習、卒業研究
平成28年度院)麻酔健康管理研究、動物機能形態学III、基礎動物看護技術学I(分担)、動物臨床検査学(分担)、動物臨床検査学II(分担) 、動物臨床検査学実習II(分担) 、臨床動物看護技術学(分担)、臨床動物看護技術学実習(分担)、臨床動物看護学演習I、外科動物看護学実習(分担)、動物栄養管理学実習、臨床動物看護学各論III、臨床実習、卒業研究
平成29年度院)麻酔健康管理研究、院)特別研究、動物機能形態学III、基礎動物看護技術学I、臨床動物看護技術学、臨床動物看護技術学実習、臨床動物看護学演習I、外科動物看護学実習(分担)、動物栄養管理学実習、臨床動物看護学各論III(分担)、臨床実習、卒業研究
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー火曜日4時限目
リメディアル教育
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)講義のスライドおよび音声を動画として公開し、学生がいつでも復習できる材料を提供している。また、スマートフォン等を用いて講義内容を撮影・録音すること、講義中であってもインターネットを利用した検索や意見交換を自由に行うこと等を許可し、学生自身にとって最も効果的な勉強方法を追求するように指導している。
作成した教科書、教材、参考書
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
その他教育活動上特記すべき事項

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野農学
分科動物生命科学
細目名獣医学
研究テーマ動物の麻酔・鎮静および疼痛の管理に関する研究、アドレナリン受容体作動薬が動物に及ぼす生理学的影響に関する研究、動物医療教育における情報技術の活用に関する研究
キーワード獣医麻酔科学、動物看護学、獣医内科学
所属学会日本獣医学会、日本獣医麻酔外科学会、比較眼科学会、日本ペット栄養学会、日本動物看護学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
耳鏡を用いたラットの性周期 論文 共著 平成23年 実験動物技術 46(2) 古本佳代, 神田鉄平, 前田憲孝, 佐々木崇了, 村尾信義 57-60
外側鼓室胞骨切り術に超音波手術器を使用した慢性化膿性中耳炎のアメリカン・コッカー・スパニエルの1例 論文 共著 平成23年 獣医麻酔外科学雑誌 42(2) 前田憲孝, 佐々木崇了, 神田鉄平, 藤岡透, 古川敏紀. 21-24
Administration of warmed intravenous fluids for medetomidine-induced hypothermia in normal dogs 論文 共著 平成23年 Jpn J Vet Anesth Surg 42(1) Kanda T, Ikeda M, Ouchi M, Nagasaki A, Yamamoto R, Morishita T, Maeta N, Sasaki T, Furumoto K, Kake S, Murao N, Furukawa T. 7-12
小動物臨床における3Dプリンターの応用 論文 共著 平成23年 日本獣医師会雑誌 64(8) 神田鉄平, 佐々木崇了, 前田憲孝, 藤岡透, 長井新, 古本佳代 ,古川敏紀. 640-643
新・小動物看護用語辞典(分担) 著書 共著 平成24年 インターズー 神田鉄平, 他
Correlation between computed tomographic assessment of body fat and body condition score evaluation in dogs 論文 共著 平成25年 J Pet Anim Nutr 16(1) Kanda T, Maeta N, Iguchi A, Shibata K, Nomura C, Yamamoto T, Murao N, Kake S, Furumoto K, Furukawa T. 1-6
基礎動物看護技術Ⅰ・Ⅱ(全国動物保健看護系大学協会 動物看護学標準カリキュラム準拠教科書) 著書 共著 平成26年 インターズー 神田鉄平(監修・執筆), 村尾信義, 他
臨床動物看護学 総論(全国動物保健看護系大学協会 動物看護学標準カリキュラム準拠教科書) 著書 共著 平成26年 インターズー 神田鉄平(執筆), 前田憲孝, 他
臨床動物看護学 各論(全国動物保健看護系大学協会 動物看護学標準カリキュラム準拠教科書) 著書 共著 平成26年 インターズー 神田鉄平(執筆), 前田憲孝, 他
Effects of medetomidine and xylazine on intraocular pressure and pupil size in healthy Beagle dogs 論文 共著 平成27年 Vet Anaesth Analg 42(6) Kanda T, Iguchi A, Yoshioka C, Nomura H, Higashi K, Kaya M, Kuramoto T, Furukawa T. 623-628
BSAVA小動物の眼科学マニュアル《第三版》第5章「眼科における鎮痛と麻酔」 著書 共著 平成27年 11月 学窓社 神田鉄平, 他(翻訳); 古川敏紀/辻田裕規(監修) 87−99
Temporal effects of intramuscular administration of medetomidine hydrochloride or xylazine hydrochloride to healthy dogs on tear flow measured by use of a Schirmer tear test I 論文 共著 平成28年 4月 Am J Vet Res 77(4) Kanda T, Ishihara S, Oka M, Sako K, Sato Y, Maeta N, Tamura K, Furumoto K, Furukawa T. 346-350
伴侶動物の麻酔テクニック(Chapter 1 麻酔の手順,Chapter 2 麻酔装置とモニタリング) 著書 共著 平成28年 10月 緑書房 神田鉄平, 他(翻訳);佐野忠士(監訳) 1-37
Sedative and physiological effects of brimonidine tartrate ophthalmic solution in healthy cats 論文 共著 平成29年 Vet Anaesth Analg (in press) Ogata N, Kanda T(corresponding), Kawahata M, Ichikawa T, Matsumoto Y, Morimitsu W, Nishino Y, Itoi T, Furumoto K.
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成28年 3月 1日 〜 平成28年 3月 1日 第1回動物看護研究勉強会(日本動物看護学会第39回例会) 大阪府大阪市 動物看護師は、いつ、どこで、なんのために、どうやって、研究をするのか(講義・研究指導) その他
平成28年 3月 31日 〜 平成28年 3月 31日 第2回動物看護研究勉強会(日本動物看護学会第40回例会) 大阪府大阪市 研究を進めていく手順・研究をすすめるにあたって必要な配慮(講義・研究指導) その他
平成28年 6月 17日 〜 平成28年 6月 19日 第92回日本獣医麻酔外科学会 埼玉県さいたま市 鎮静と不動化(リフレッシャーコース) 学会
平成28年 12月 3日 〜 平成28年 12月 4日 6th Annual Congress of Asian Society of Veterinary Surgery Fukuoka, Japan Minimum infusion rate and hemodynamic effects of propofol, propofol- fentanyl, and propofol-fentanyl-medetomidine in healthy dogs 学会
平成29年 3月 12日 〜 平成29年 12日 第4回動物看護研究勉強会(日本動物看護学会第46回例会) 大阪府大阪市 学会発表、その前に(講義・研究指導) その他
平成29年 7月 1日 〜 平成29年 7月 2日 日本動物看護学会第26回大会 東京都八王子市 50年後の動物看護学になにを遺すのか(学会主催セミナー) 学会
平成29年 7月 22日 〜 平成29年 7月 22日 JASMINEどうぶつ循環器病センター・第3回 Bloomingセミナー 神奈川県横浜市 動物看護職を取り巻く現状ー動物看護師はこれからどうなるのかー その他
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
平成23年 4月 〜 平成25年 3月 イヌにおける腹部CT撮影により得られる脂肪組織体積とBCS評価の相関性についての検討 500,000 円 受託 日本ペット栄養学会(研究奨励金)
平成24年 1月 〜 平成25年 3月 整形外科手術モデルブタにおける鎮静処置およびCT撮影技術の検討(分担) 420,000 円 共同
平成28年 11月 〜 平成29年 10月 部分的に人の管理下にあるネコに対する適切な食餌管理についての試み 受託 日本ペット栄養学会(研究奨励金)
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加教育動物病院 麻酔科・内科、動物実験委員、図書委員
部活動顧問、教育GP支援活動
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座
その他

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱全国動物保健看護系大学協会(自己検証委員)、日本獣医麻酔外科学会(麻酔・疼痛管理専門委員会, 広報委員)、動物看護師統一認定機構(委員)、日本動物看護職協会(学術委員)、岡山県獣医師会倉敷支部(幹事)
地域貢献活動教育動物病院における獣医療サービスの提供
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座
その他

6. 前回の自己改善目標を踏まえた今後の自己改善目標

研究活動と臨床経験を、これまで以上に講義や実習へフィードバックするようにしたい。