教員名: 湯川 尚一郎, Yukawa Shoichiro

1. 基本情報

学位学士(獣医学)
職名講師
学歴(最終学歴)平成18年3月 酪農学園大学獣医学部獣医学科卒
職歴(過去のポイントとなる職歴)大阪府立大学獣医臨床センター 獣医師
平成24年4月 倉敷芸術科学大学助教
所属(学科名)動物生命科学科
生年(和歴、年)昭和55年
職歴(現職となった年月)平成28年4月 倉敷芸術科学大学講師(現在に至る)
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成24年度感染症学、放射線生物学、感染症学実習、動物疾病学実習
平成25年度動物機能形態学Ⅱ、動物微生物学、感染症学、放射線生物学、感染症学実習、動物疾病学実習、卒業研究
平成26年度動物機能形態学Ⅱ、動物微生物学、動物感染症学、放射線生物学、動物画像検査技術学、動物画像検査技術学実習、感染症学実習、動物疾病学実習、臨床実習、卒業研究
平成27年度動物微生物学、動物感染症学、放射線生物学、動物画像検査技術学、動物画像検査技術学実習、動物疾病学実習、臨床実習、卒業研究
平成28年度動物微生物学、動物感染症学、動物臨床検査学Ⅰ、公衆衛生学、動物画像検査技術学、動物画像検査技術学実習、動物臨床看護技術学、動物臨床看護技術学実習、臨床看護学各論Ⅰ、臨床実習、卒業研究
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー月曜4限目
リメディアル教育
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)授業アンケートの結果を受け、教材の改良を行った
作成した教科書、教材、参考書動物微生物検査学(平成25年度)動物公衆衛生学(平成27年度)
教育方法・教育実践に関する発表、講演等授業公開を実施
その他教育活動上特記すべき事項学生の理解度の変化について調査研究中

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野農学
分科動物生命科学
細目名獣医学
研究テーマ放射線生物学に関する研究 微生物学に関する研究
キーワード放射線、微生物、細胞生理学
所属学会日本獣医学会 日本獣医師会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
非異物性化膿性肉芽腫の犬の1例 論文 共著 平成24年 1月 日本獣医師会学術誌 中田美央, 秋吉秀保,湯川尚一郎,針間矢保治, 桑村充,山手丈至,清水純一郎,大橋文人 P.370〜P.373
Molecular typing of Salmonellaenterica serotype Typhimuriumand serotype 4,5,12:i:- isolatesfrom cattle by multiple-locusvariable-number tandem-repeats analysis 論文 共著 平成24年 11月 Veterinary Microbiology 160 Kurosawa A, Imamura T, Tanaka K, Tamamura Y, Uchida I, Kobayashi A, Hata E, Kanno T, Akiba M, Yukawa S, Tamura Y. P.246〜P.268
動物微生物検査学 著書 共著 平成26年 1月 近代出版 福所秋雄,青木博史,田村豊,前田秋彦,村上洋介,吉川泰弘 編 P.11〜P.14
動物看護師の画像検査補助への認識に対する意識調査 論文 共著 平成27年 4月 動物臨床医学 24(2) 湯川尚一郎,濱田恵里,渡部智大,今野貴之,田村勝利,古川敏紀 P64-67
Rapid detection of Salmonella enterica serovar Typhimurium DT104 strains by the polymerase chain reaction. 論文 共著 平成27年 9月 Acta veterinaria Scandinavica. Yukawa S, Tamura Y, Tanaka K, Uchida I. 25;57:59
基礎専門分野 動物公衆衛生学 著書 共著 平成27年 12月 インターズー 全国動物保健看護系大学協会カリキュラム検討委員会 編 P48-79
動物看護師における放射線防護に関する実態調査 論文 共著 平成28年 10月 労働安全衛生研究 9(2) 湯川尚一郎,藤本知美,湯川元美,浅川冨美雪,嶋田照雅,久保喜平 P73-78
Antimicrobial resistance of Pseudomonas aeruginosa isolated from dogs and cats in primary veterinary hospitals in Japan 論文 共著 平成29年 7月 Japanese Journal of Infectious Diseases 70(4) Yukawa S, Tsuyuki Y, Sato T, Fukuda A, Usui M, Tamura Y P461-463
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
平成25年 2月 平成24年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会 大阪国際交流センター 動物看護職における放射線画像検査における意識調査(第一報) 学会
平成25年 11月 第34回動物臨床医学会年次大会 スタッフセミナー講演 大阪国際会議場 X線検査の基礎知識 学会
平成26年 7月 日本動物看護学会第23回大会 倉敷芸術科学大学 複数の動物看護教育施設飼育犬の糞便由来サルモネラ属菌に関する検出状況 学会
平成26年 10月 平成26年度獣医学術中国地区学会 くにびきメッセ 岡山・広島県の小動物診療施設における院内暴力の実態調査 学会
平成27年 3月 第14回日本獣医療問題研究会 京王プラザホテル 動物病院における院内暴力に関する実態調査とその対策状況 学会
平成27年 7月 日本ペット栄養学会第17回大会 帝京科学大学 国産犬用ドライフードからのサルモネラ属検出状況調査 学会
平成27年 11月 第36回動物臨床医学会年次大会 スタッフ向けシンポジウム 大阪国際会議場 男性看護師の展望 教育側の立場から 学会
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
平成26年 4月 〜 平成27年 3月 国産犬用ドライフードからのサルモネラ属菌検出状況調査 500,000 円 受託 一般社団法人日本ペット栄養学会
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加平成24年度水質保全および危険物管理委員会委員、平成25年~27年度広報委員会委員、平成28年度学務委員
部活動顧問、教育GP支援活動
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座平成25年7月研究室公開
その他

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱
地域貢献活動
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座平成25年7月兵庫県立農業高校出前授業、平成25年10月広島文教女子大学付属高校出前授業、平成26年10月ライフパーク倉敷・倉敷市大学連携講座「大切な愛犬と長く楽しく暮らそう」、平成27年3月土佐女子高校出前授業、平成27年11月兵庫県立香寺高校出前授業、平成28年9月ライフパーク倉敷・倉敷市大学連携講座「犬猫と仲良し安心ペットライフ」
その他

6. 前回の自己改善目標を踏まえた今後の自己改善目標

当職が担当する画像検査技術学分野及び動物微生物学分野に関する学習効果をより高めるため今後も努力を重ねたい