教員名: 猪木原 孝二, Inokihra Koji

1. 基本情報

学位学士(体育学)
職名教授
学歴(最終学歴)昭和57年3月 東海大学体育学部武道学科柔道専攻
職歴(過去のポイントとなる職歴)
所属(学科名)健康科学科
生年(和歴、年)昭和33年
職歴(現職となった年月)平成16年4月 倉敷芸術科学大学 教授(現在に至る)
大学院における研究指導、担当資格の有無

2. 教育活動

1. 担当授業科目
平成24年度保健体育概論 スボ-ツトレ-ニング理論 発育・発達と老化 健康スポーツ概論 生涯スポーツ論 スポーツ実習Ⅳ(武道)スボ-ツトレ-ニング実習 野外スポ-ツ実習論 野外スポ-ツ実習 ゼミナ-ル 卒業研究 運動処方の研究(大学院)
平成25年度保健体育概論 スボ-ツトレ-ニング理論 発育・発達と老化 健康スポーツ概論 生涯スポーツ論 スポーツ実習Ⅳ(武道)スボ-ツトレ-ニング実習 野外スポ-ツ実習論 野外スポ-ツ実習 ゼミナ-ル 卒業研究 運動処方の研究(大学院)
平成26年度保健体育概論 スボ-ツトレ-ニング理論 発育・発達と老化 健康スポーツ概論 生涯スポーツ論 スポーツ実習Ⅳ(武道)スボ-ツトレ-ニング実習 野外スポ-ツ実習論 野外スポ-ツ実習 ゼミナ-ル 卒業研究 運動処方の研究(大学院)
平成27年度保健体育概論 スボ-ツトレ-ニング理論 発育・発達と老化 健康スポーツ概論 生涯スポーツ論 スポーツ実習Ⅳ(武道)スボ-ツトレ-ニング実習 野外スポ-ツ実習論 野外スポ-ツ実習 ゼミナ-ル 卒業研究 運動処方の研究(大学院)
平成28年度保健体育概論 スボ-ツトレ-ニング理論 発育・発達と老化 健康スポーツ概論 生涯スポーツ論 スポーツ実習Ⅳ(武道)スボ-ツトレ-ニング実習 野外スポ-ツ実習論 野外スポ-ツ実習 ゼミナ-ル 卒業研究 運動処方の研究(大学院)
2. 授業外指導の状況
オフィスアワー火曜3時限目
リメディアル教育教員採用試験対策の為の指導を実施。
3. 教育実践・授業改善に関する事項
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)授業アンケートの結果を受け、理解されていない箇所の資料を増やし理解力向上に努めた。
作成した教科書、教材、参考書特になし
教育方法・教育実践に関する発表、講演等特になし
その他教育活動上特記すべき事項学生の体力の変化について調査研究中

3. 研究活動

1. 専門分野、研究テーマ、キーワード
分野スポーツ科学
分科スポーツ医科学
細目名運動とトレーニング
研究テーマ傷害に対する物理療法の選択
キーワード筋力・体力
所属学会日本体育学会、日本武道学会、日本運動生理学会、日本体力医学会
2. 著書・論文・作品
著書、論文、作品等の名称 著書、論文、作品の区別 単著、共著の別 発行または発表年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号)等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ) 該当ページ情報
ブラジル産プロポリスの摂取が歩行運動に与える影響ー青年期若者を対象として- 論文 共著 平成26年 倉敷芸術科学大学紀要
3. 展覧会・学会等
開催期間 展覧会・学会等の名称 開催場所 発表・展示等の内容等 種別
 
4. 外部資金の獲得(概ね5年以内の状況)
(1)受託研究・共同研究、科研費、その他の補助金等の状況
研究期間(年月) 研究テーマ 研究費 受託 / 共同 補助機関名称等
 
(2)特許出願・取得状況
出願、取得の別 出願取得年月 特許概要(出願名称、特許番号等)
 

4. 学内活動(主に学内で行なった活動)

役職、各種委員会参加副学長補佐
部活動顧問、教育GP支援活動平成18年度柔道部部顧問(現在に至る)
授業公開、公開講座、研究室公開、生涯学習講座
その他

5. 学外活動(主に学外で行なった活動)

外部委員の委嘱平成18年度中国四国学生柔道連盟理事・岡山県柔道連盟理事(現在に至る)
地域貢献活動下津井漁業協同組合、理事
出前授業、講演会、公開講座、生涯学習講座
その他

6. 前回の自己改善目標を踏まえた今後の自己改善目標

研究活動としては大学人として恥ずかしくない学術研究を行い、より高度な究明をしていきたい。更に学術だけでなく文武両道という言葉があるようにスポーツを通じて健全な身体及び強靭な精神力について究明していきたいと考えている。